FC2ブログ
さて休日。今日はこれといって予定も無いので渓流釣りセットを積んで、途中、息子を部活に送り、そのまま川に向かう。

唯一の小滝川1

今日も小滝川を選択。朝もゆっくり9:00到着。雪解けのシーズン、近場で釣りになりそうなのはこの川くらい。今日も姫川との合流付近から攻める。濁りはやや見られるが、それでも他の川に比べればかなりましな状態。

唯一の小滝川2

と第一投目でアタリあり。ファーストシュートでニジマスGet。幸先良い滑り出し。

唯一の小滝川3

唯一の小滝川4

その後も予想外の展開が続き、20-25cmサイズのニジマスとイワナが立て続けに釣れる。前回よりもアタリも分かり易く、気温の上昇に伴い、魚も少しは活動的になってきたのか?

唯一の小滝川5

結局このポイントで1時間で8点の荒稼ぎ。まぁまぁの型のイワナともご対面。今日は釣って塩焼とは考えていなかったので、全てリリース。

唯一の小滝川7

その後、前回と同じルートで上流に向かう。途中便利な梯子が設置されているので、ここからアクセス。おそらく釣りよりも探石のためのアクセスルートだろう。

唯一の小滝川8

前回はここでは全く釣れなかったが今日は期待。雰囲気はあるが、釣れず、アタリも無い時間が続く...。川の状態がいまいち分からないのと釣れた実績が無いこともあり苦戦。いろいろ探るが反応なし。このエリアは魚よりも翡翠なのか?

唯一の小滝川9

さて次のポイントにと考えていたところで、目印に変化あり。竿を上げると、キッズヤマメとご対面。このエリアで初ポイント。

唯一の小滝川14

再び川を上がり次のポイントを目指す。途中の橋から川を見下ろすと藤が綺麗だったので写真1枚。青い川と葉の緑に紫の藤のコントラストが綺麗。いつにも無く景色を楽しむ余裕あり。

唯一の小滝川10

再度アクセスしやすいところから川を下り、支流との合流付近で竿を降り始める。

唯一の小滝川12

大岩の付近できれいなイワナGet。

唯一の小滝川11

その後は沈黙の時間が続くが、少し狙いを変え流れの緩やかな水深50-60cmのところを探るとようやく数匹のヤマメとご対面。

唯一の小滝川16

久しぶりの二桁得点で大満足の中、これまたいつものコースの終点に到着。残念ながら水の流れが強く、ポイントにはたどり着けず。しかし「今日は釣れた」という満足感と余裕からか周りの花に興味を示すゆとりすらある。

唯一の小滝川15

せっかくなのでこの堰堤付近で再開。通常だとこの部分はほとんど水が流れていない。全く期待していなかったが、意外と目印は活発に動き、ヤマメと再びご対面。ここで餌のブドウ虫が終了。ボーナスポイントでトータル3匹の綺麗なヤマメがフィナーレを飾ってくれた。

唯一の小滝川17

とは言え、いつもの同じコースでは飽きてきたので、さらに上流を下見。しかしながら発電所から先はアクセスは難しそう。別の入渓ルートを開拓する必要あり。

その後、新たなルートの発掘と行きたかったが、車の移動では不便でもあり、またの機会に。Google-Mapと釣り情報を探るか。

せっかくなので、前から興味があった雨飾温泉を目指すが、途中道路工事で断念。道路添いの根知川の下見はできたが、こちらもカフェオレ状態。

唯一の小滝川18

海添いドライブではなく、山を越えて、海谷渓谷経由で海川の下見。こちらも味噌汁みたいな色で、海川もしばらくは難しそう。今度は津南方面に行ってみるか。
スポンサーサイト
2019.05.18 / Top↑
まとめ