FC2ブログ
今日は9/24日。渓流釣りも残り1週間。来週の土曜日、つまり9/30は王子(定義:ここでは牛乳の効果か、このところ急激に背が伸びた息子の事を王子と表現する)のサッカー大会。しかも今年最重要試合につき、川などにいっている場合ではない。現実的に今日が自分の渓流終了日。是が非でも憂愁の美を飾りたい。食卓にもヤマメを飾りたい。秋刀魚も高いし...。

no 能生川1

今日は能生川を選択。これまで能生川は何度も訪れているが今シーズン初。いつもの下流のポイントの須川地区は稲刈り真っ最中。道路も軽トラで賑わい、川沿いに車など止められそうな雰囲気なし。今日は柵口温泉より数km上流を選択。すでに1台が駐車してあることから先客が入渓している様子。アクセスポイントから支流より能生川に向かう。時間はすでに10:00。

no 能生川2

能生川に合流すると先客発見。その釣り人はすでに帰り支度。今日はテンカラ釣りで訪れたが、まったく釣れる気なしとネガティブなコメント...。同じ地域の人で、糸魚川水系の釣り情報を交わす。ここから先はまだ攻めていないし、餌なら釣れるのでは?とポジティブなコメントを残しその人とはバイバイ。さてこちらも最終戦。俄然気合も入る。

が、まったくアタリすらなし。しばらく経験済みの付近まで途上するが、まったく手ごたえなし。キッズヤマメすらお目にかかれないため、早急にポイントを変更。

no 能生川3

今度のポイントは柵口温泉 権現荘付近。大岩が多く、雰囲気あり。何度かイワナ・ヤマメの釣果のある場所。ここでも餌を流すが、手ごたえ本当に無し....。最終戦、焦る...。

no 能生川4

あまりにも餌だけが無情に流れるだけで、反応も全くないため、川の中を観察。魚影の絵は確認できず。

no 能生川5

平静を装うが、内心は非常に焦りながらさらに上流を目指す。しかし、状況の好転の兆しなし。川や岩の状態も昨年のデータとは異なり、だいぶ変化している。

no 能生川6

釣果もアタリも全くない状態で堰堤に到着。もう平静など保ってられない。ここか、ここかと餌を流す。しかし反応はゼロ。

no 能生川7

堰堤の水中。水上では全く深さは把握できない。ここでも魚は把握できず。キッズヤマメすら餌で遊んでくれない...。ヤマメも稲刈りで家族総出で留守なのか?それとも今日は大運動会なのか?12:30の時点で「あきらめ」という4文字が頭の中を横断し、本日、いや今シーズンの渓流釣り終了。まさかの無得点で終了。

no 能生川9

気温も上昇していたため汗だく、かついつものようにウェーダの水漏れによりブーツの中はちゃっぷんちゃっぷん。せっかくなので温泉でさっぱり。場所はすぐ近くの権現荘。大人1名500円で日帰り入浴。昔良く使っていた、こころからわずかに下流にある柵口温泉センターは営業中止のご様子。ちょっと残念。

no 能生川10

誰も風呂場にいないので露天風呂からの風景をパシリ。写真の川はもちろん能生川。先ほどまで釣りを楽しいんでいたような気がしていた川。

帰りは206CCの屋根を開け、シーサイドドライブを楽しみ、今シーズン終了。しかし最後の最後で釣果ゼロとは....。さてケヤキでも切るか。

no 能生川8
スポンサーサイト



2017.09.24 / Top↑
台風18号が通過。今年は雨ばかりなので薪の乾燥も遅いだろう。とはいえ、今のところ備蓄量は充分。
王子(ここでは我が長男のことを王子と表現する)はサッカーの練習。このため天気も回復した午後から薪小屋のパトロール。

台風薪崩れ1

着いた途端にバーン!!! 薪崩れ発見。くそ、台風め! ではなく実は3週間前に訪れた時にはすでに崩れていた王子専用薪棚。我が家の標準薪40cmに満たない30cm程度の薪が保管される場所。長さが短く、正直積みづらい。さらに雨続きで土台も緩み崩れたもよう。ちなみに短い薪は王子専用棚に保管される。

台風薪崩れ5

覚悟を決めて修復開始。と同時に20匹の蚊も来襲。虫よけスプレーをかけまくって作業を継続。30minもかからず完了。

台風薪崩れ2

反対側の焚きつけ用の杉も崩壊寸前。シート上に溜まった葉っぱ、水の重みでシートの一部が内側にめり込んだもよう。定期的なシートの掃除をさぼったツケが回る。

台風薪崩れ4

シートを取り出すため、一部の薪を取り除き、こちらも修復開始。途中、過去最長のムカデに遭遇しパニックを起こす。
全体的な薪の傾きはテコの原理で木を押しつけて矯正。

台風薪崩れ6

ひとまず作業終了。

台風薪崩れ7

他の杉もシートをはぐり、傾きを修正。屋根のシートも全部はぐってお掃除。さて今度はどうやって屋根を作ろうか。現在思案中。夕暮れも近いので帰ろう。

台風薪崩れ3


2017.09.18 / Top↑