FC2ブログ
本日、王子(定義:ここではドイツ代表GK マヌエル・ノイアーを勝手に師匠と仰ぎ日々サッカー練習の息子のことを王子と表現する)のチームのお友達7名が本日我が家にお泊まり。しかし、急に気温は下がり、最高気温19℃。ありったけの布団を用意したが、夜は寒そう。これは封印していたアイテムを出すしかない。

薪ストーブ再点火1

着火剤に火を灯し、焚き付け+ケヤキに引火。1週間前に掃除をしたばかりの薪ストーブ、再点火。

ところが薪ストーブの威力はすさまじく、すぐに家はぽかぽか。170-200℃の低温運転に調整しても逆に「暑い...」のクレームを受け、若干約1名は「我慢大会やろう!」と言い出す始末....。
さすがにこれでは暑すぎるので窓を開けて温度調節。さすがJOTUL F-500。結局稼働は数時間、後は薪が自然に消えるまで。

薪ストーブ再点火2

1週間前に掃除したばかりだが、次の日も結局お掃除。数時間しか使わなくても薪ストーブの中にはもちろん灰。1週間前の作業をリピートし、扉、耐熱タイル、天板等を外して再清掃。手を抜くと灰が梅雨の湿気を吸って錆の進行が進むため、もう一度しっかりお掃除。さすがに煙突掃除はせず。

薪ストーブ再点火3

200℃以下の低温運転のためか、せっかく磨き上げた扉のガラスは煤だらけ。同じくJOTULのガラスクリーナを使い、汚れ落とし。後は再び部品を組んで終了。これで本当に薪ストーブはシーズン終了。そんな中、王子より我慢大会はいつ開くのかとの問い合わせあり。仲間には丁重にお断りをするようにと答える。JOTUL 今年の冬まで封印。

スポンサーサイト
2017.06.04 / Top↑
薪ストーブの掃除、薪小屋も収納完了。いよいよこれで冬modeも終了⇒渓流釣りと行きたいところだが、もうひとつ重要な案件発見。

早春の薪積み 王子参加8

ここには長さは中途半端で形も悪く、もとい長さ35cm以下、形に個性のあるプレミアムな薪たちを優雅に過ごせるように限定された場所に移す必要あり。梅雨入り前に終わらせる事必須。

薪つみ

しかし屋根つきの王子(定義:ここでは我が息子を王子と表現する)専用薪棚、廃材で作成、いやオリジナルティーあふれる棚はカスのような短い、いや濃厚な部分の薪ですでにいっぱい。今にでも崩れそう。

王子専用薪の薪積み1

このことから、新たに王子専用薪を保管すべく薪棚を準備。ブロックで足場を作り、太めの板を敷く。外側を井の字で薪を積んで壁を作り、中央部に薪を並べるだけ。

王子専用薪の薪積み2

作業開始、45minくらいで作業終了。細長い薪棚の完成。後は屋根を載せれば終了。

薪積み2

通常の薪と王子洗浄薪との比較。一目でわかるように、短い、いやダウンサイジングされた王子専用薪はなんと神々しい...。積みづらい、いやエクセレントな薪のため、通常の薪小屋にはそぐわない。まさにプレミアム。

薪積み

後は、以前からの宿題。いいかげんに薪の管理を確実にするために保管開始の年を各薪棚に表記。2013年より昔のものは記憶がさだかでないので、全てまとめて2013の目印を設置。さて帰ろう。

王子専用薪の薪積み3
2017.06.01 / Top↑
まとめ