FC2ブログ
昨日薪ストーブの掃除も終わり、さっそく渓流釣り! 一度4:30に起床するが眠気に負けて、二度寝....。起きるとすでに9:00。また何か庭にこの季節にそぐわない景色に違和感あり。

薪ストーブグッズのかたずけ2

春夏秋と無いはずの組立型の薪小屋が妙な存在感を示す。まだ冬modeは終わっていない。早急に撤収作業を開始。

薪ストーブグッズのかたずけ1

残りの薪を使い切って、今年は終了の予定だったが、結局1日分と非常に中途半端に残った状態で終了。ストーブはすでに掃除を済ませたので、燃やすのはNG。せっかくの昨日の作業時間3時間が水の泡。

薪ストーブグッズのかたずけ3

焚きつけ用も少し余る。これまでの経験から焚きつけ用は大体このスペース満タンでシーズンを過ごせる。大割り、中割り用も小屋満タンで、年を越す前に減った分を補充すればちょうど1シーズンってとこか。

薪ストーブグッズのかたずけ4

いつものように組み立て式の薪小屋、おもに中割り薪の保管用は折りたたんで屋根を外して家の裏側にて保管。

薪ストーブグッズのかたずけ5

焚き付け用の種と他の部品は常設の薪小屋にて保管。これで本当に冬modeは終了。すっきり。

スポンサーサイト



2017.05.28 / Top↑
スキーも終了し、冬modeも終わり。さて釣りmodeと行きたいところだが、同時に王子(定義:ここではヌマエル・ノイアー所属のバイエルンミュンヘン優勝に心躍る長男のことを王子と表現する。)のサッカーも本格シーズンに突入。時間限られる。これは早く冬modeを完結せねば。

最後の冬modeのアイテムが薪ストーブ、Jotul F-500。毎年梅雨入り前には掃除を終えるように心がけている。そうしないと後が大変。前日の雨で恐らく川は濁っていることから今日は薪ストーブの大掃除を決行!

薪ストーブの掃除1

約半年間使用したストーブ。薪ストーブ歴も6年目に突入。今日は5回目の掃除。当たり前だが灰まみれ。今日はこの灰と煤を丹念に掃除を行う。これが結構大変。

薪ストーブの掃除3

薪ストーブの掃除2

前面と側面扉は上に引き上げれば簡単に、天板は楕円形の蓋を取り外し、前側に2本、後側中央に1本のネジを外せば取り外し可能。この後、まずは小型ほうきで灰を払い始めるが、ある程度灰を取らずにカバーを外してしまい、家に灰が舞い始める...。結局、再度部品をつけなおし、可能な限り灰を取り払ってから、再び部品の外して隅々まで掃除機片手にお掃除。

薪ストーブの掃除4

外した部品も丹念にブラシで煤取り。前面のガラス窓も外し、掃除掃除。ここがクリアーでないと、Jotulの薪ストーブで良く言われるオーロラの炎も台無し。

薪ストーブの掃除5

ねじ込み部分は高熱向けのグリースを注入。ストーブ屋さんのイケシミズさんより掃除方法のレクチャーを受けた時に教えてもらう。ネジがガジルと後が大変。ネジもあまり強く閉めない。今年は5年経過したので定期点検を受ける予定。楕円形の天板の耐熱ウール部分が剥がれてきたので治さねば....。

薪ストーブの掃除7

薪ストーブの掃除8

とりあえず、ストーブ内部の灰・煤取りは終了。部品を組み立て復旧。そして次は煙突掃除。

薪ストーブの掃除9

煙突の一部を外して、ビニール袋に1箇所穴を開け、その周りが破けないようにテープで補強。ワイヤーブラシと棒を入れて、ビニール袋を煙突に固定。後は力技。ワイヤーブラシを上下に擦り、煤を除去。今年も煤は非常にさらさらしているので薪には問題なし。長野知り合いは煙突掃除もせず、内部もべとべとで煙突火災が起きたと前に話していたが...、怖。

薪ストーブの掃除10

こちらは外した煙突。内部は煤まみれ。この部分はワイヤーブラシで擦って終了。

薪ストーブ掃除11

作業開始約3時間で薪ストーブ掃除が終了。薪ケースも片づけ、これにて冬modeを終了。さぁ川、いやサッカー、サッカー。
2017.05.27 / Top↑
はてGWも終わり、ほとんどのスキー場もクローズ。今日は早割りで購入したかぐらスキー場の最後の1枚を切り、シーズン最終節。朝もすっきり5:30起床⇒出発。

2016-2017シーズン最終戦かぐら1

朝の通勤ラッシュも無く、ちょうど2時間で現地に到着。まだ7:30。駐車場もそれほど混んでいない。さすが平日。

2016-2017シーズン最終戦かぐら2

とは言え始発のロープウェイは100%乗車率。みつまた高速リフトに向かう姿はまさに朝の通勤風景。バックの代わりにスキー。

2016-2017シーズン最終戦かぐら8

今日は最終節。総まとめのためにテレマークとアルペンを用意。いちいち駐車場まで戻るとゆうに1時間は費やすため、滑走可能なかぐらメインゲレンデまで板とブーツを運搬。そして昼飯も。

2016-2017シーズン最終戦かぐら3

朝一番、正確には9:00頃のゲレンデ。第一集団でメインゲレンデに到着のため、まだスキーヤーはいない。これが11:00くらいになると....。

2016-2017シーズン最終戦かぐら5

写真では分かりにくいが、そこそこ混みだす。さすがに日本でこの季節まで滑れるスキー場は限られているのでスキーバカが集合。あっちらこちらでレッスンも。そしてシニア+OGASAKAが目立つ。すぐにゲレンデは荒れだし、弱いコブも発生するが適度な大きさなのでテレマークでぴょんぴょん飛んでクリアー。今日はメインコースとジャイアントコースのみ滑走可能。

2016-2017シーズン最終戦かぐら6

腹も減ったので田代湖を見ながらパンをがぶり。空の青と湖の青、森の緑に残雪、絶景絶景。

2016-2017シーズン最終戦かぐら7

昼飯も早めに済ませて、今度はアルペンにチェンジ。そういえば今日はテレマーカーは見かけず....。なんだかんだでアルペンは今年の初スキー以来の5ケ月ぶり。足ががっちり固定されているので最初は違和感があるが、やはり楽。だが腿の体力と疲れと飽きてきたこともあり、今日は13:30にて終了。スキーシーズンも終了。

2016-2017シーズン最終戦かぐら10

今日は日帰り温泉に立ち寄る。さすがに汗だくだくで顔もしょっぱい。スキー場近くの街道の湯に寄り、さっぱり。足もストレッチ。さぁスキーも終わり。では川に行こう。待ていてヤマメchan!

2016-2017シーズン最終戦かぐら9


2017.05.22 / Top↑
ゼノア壊れる2

3月くらいに玉切り最中に突然エンジン停止のトラブル...。まぁ点火プラグの問題だろうと甘く考え、ようやく最近プラグを購入し、入れ替え。交換しても動かず....。これはさすがにまずいとのことから購入した販売店に修理依頼。重傷で無いことを祈る。

ゼノア壊れる1

診断の結果は、重傷。エンジン交換の必要あり、というよりも交換するならば買った方が良いとの事。シリンダーの一部が摩耗し、圧縮されないのが原因。点火プラグは異常なし。前回のオーバーホールでシリンダーに一部傷があるとのことで様子を見ていたが....。

原因は燃料の質。とはいえ、オイルはゼノア純正1:40を使用。ただし、以前にオイルを入れ忘れてエンジンを焼きつかせてしまった苦い経験から1:33の少しオイル濃い目で使用していたことも一因との様子。質の悪い背油こってりラーメンを食べ過ぎて腹を壊してしまったよう。

ゼノア壊れる3

薪ストーブライフを初めて7年目。薪ストーブ導入2年前から玉切り用にチェンソーを使用。これで2台がNG。1代目はガソリンにオイル入れ忘れでエンジンが焼き付き。2代目は一回り大きなチェンソー(14inch⇒16inch)に。これもOUT...。お店の人は今年STIHLのチェンソーが値下げおよび排気量そのままで装備を簡略したお得Versionが発売されたとのこと。同じ35cc+16inchバーで4万弱。もう一回り大きなチェンソーにするかどうかも含め、う~ん、出費+悩む....。いずれにせよ予備のチェン含め使えない。しばらく、玉切りも必要ないのが幸いか.....。
2017.05.05 / Top↑