FC2ブログ
さて4月も下旬。スキーシーズンも後わずか。今日は早割りで購入したリフト券2枚のうち1枚を切ってかぐらスキー場にGo。

かぐらでひたすらテレマーク1

朝6:00に起床。山を2つ超えて8:15ころにスキー場に到着。天気は快晴。スカイブルーの中、今日は田代エリアからスタート。平日なので駐車場はほどほど。始発の8:30で山麓駅をスタート。

かぐらでひたすらテレマーク16

1年ぶりのかぐら。残雪のなかエメラルドブルーの二居渓谷を見下ろし山頂駅に。高度とともにテンションも上昇。

かぐらでひたすらテレマーク13

山頂駅から1枚。景色も天気も最高。テンションmax。

かぐらでひたすらテレマーク2

田代エリアの様子。4月下旬だが積雪は十分。去年、4月前半に訪れた時はマイナス数℃で一面アイスバーンだったが、さすがに4月下旬。雪質はザラメ状態。

かぐらでひたすらテレマーク3

今日はまずはテレマークをチョイス。予定では午前中テレマーク、ご飯を食べに下界に降りて、午後からアルペンの計画。リフトもスキー場も貸し切り状態。

かぐらでひたすらテレマーク4

かぐらでひたすらテレマーク11

田代エリアでしばし遊んで(やはり緩い...)、リフトを乗り継ぎ、かぐらエリアに到着。

かぐらでひたすらテレマーク7

かぐらメインコースもこの時間はガラガラ。10:30を超えると平日とはいえ賑わいだす。ただし休日のかぐらスキー場は行ったことが無いので比較データ無し。

かぐらでひたすらテレマーク6

かぐらでひたすらテレマーク10

この後、最上部エリアにも足をのばし、コブで玉砕、後頭部を強打。肉体的にも精神的にも頭にきたためか、ストックをたたきつける....。頭を冷やしに今後はみつまたエリアに移動。

かぐらでひたすらテレマーク8

スキー場最下部のみつまたエリア。さすがに、白の部分に茶色のエリアが目立つ。こちらは空いていてスノーボーダ教室で数人の利用のみ。

かぐらでひたすらテレマーク9

みつまたエリアは1本滑って終了。腹も減り始めたので再びかぐら⇒田代エリアを目指す。今日はリフトを乗り継ぎ、ツアースキー。

かぐらでひたすらテレマーク14

かぐらでひたすらテレマーク15

ハーフタイムは駐車場でカップラーメン。前半戦終了。ロープウェイで山麓駅に。

かぐらでひたすらテレマーク18

さて後半戦。意外と足が衰えていないので引き続きテレマーク。スキルがアップしたのか、ブーツ変更(スカルパT1からガルモント VooDoo)のおかげか、この悪雪でも以前よりは足にこない。かぐらパノラマコースと田代高速リフト添いをメインにフィジカルトレーング。

かぐらでひたすらテレマーク12

こちらは田代チャレンジバーン。かぐらエリアのコブよりは小さく、ちょうどよいサイズ。しばし遊んで、最後の1回という時に残念ながらタイムアウト。

かぐらでひたすらテレマーク19

16:00を過ぎると徐々に閉店モード。再びロープウェイ乗り場を目指す。

かぐらでひたすらテレマーク5

ロープウェイ乗り場に到着。後は閉店ぎりぎり、蛍の光が鳴りだすまで、乗り場付近の短いリフト添いコースを楽しむ。係員からの16:45発の便でお帰りくださいのコールにより今日のスキーは終了。

ロープウェイに乗り込み出発と同時に何か装備が足りないことに気づく。ストックを山頂駅に忘れる大失態。幸い、係員用の最終便がもう1回出発するとのことから、運んでもらいことなきを得る。このようなケースはよくあるとの事。17:00も過ぎたので、今日はゆっくり温泉にも寄らず、またまた山を2つ超えて帰路に向かう。いやぁ今日は滑った。もう一枚リフト券購入済みなので「その2」は5月中旬から下旬。

かぐらスキー場パノラマ


スポンサーサイト



2017.04.26 / Top↑
さて気分良く2匹のイワナを釣り上げ、海川から能生エリアに移動。今度はテレマーク。目指すはシャルマン火打スキー場。

シャルマン火打2017041501

途中、能生川を確認。11:00現在ではこの状態(ちょっと濁り目)だが、16:00頃はコーヒー牛乳状態。この川は雪解け水も多く、かつ増水するとすぐに濁ることもあり、5月下旬までは釣りにならんだろう。

シャルマン火打2017041503

と海川から40minほどのドライブでシャルマン火打スキー場に到着。駐車場はいつになく込み合っていたが、アルペンの大会が開かれていたため。さすがに昼時ということもあり、ゲレンデはご覧の通り、貸し切り状態。

シャルマン火打2017041505

今日は気温も高く、雨が降ったり晴れたりと不安定な天気。当初の予定では足の筋力を考え、テレマーク2時間、アルペン2時間の予定だったが、久しぶりの割りにはテレマークでいけたので、結局12:00-16:00までほぼノンストップでテレマーク。ゲレンデ内でも4-5人のテレマーカーと遭遇。途中、富山から来たというOさんと2本滑るが、足が限界とのことからフェードアウト。こちらも4,5月分の早割りかぐらスキー場のチケットが残っていることから、かぐら遠征のためひたすらフィジカルトレーニング。今日は足をいじめまくって終了。

ダブルヘッター3戦目は充実した内容で終える事ができた。さて我がアルビレックスの連敗はいつ止まるのやら....。イワナも2匹釣ったし、0-2でaway戦を勝たないかなぁ...


4/16(日) vsヴァンフォーレ甲府戦。前半11分:原 輝綺、後半7分:矢野 貴章、0-2でようやくこちらも今シーズン初勝利。






2017.04.15 / Top↑
さてこの時期しか楽しめない、渓流釣り&スキーのダブルヘッターも第3戦。今年はまだヤマメorイワナとご対面無し。
今日こそ連敗脱出をかけて気合を入れ、まずは渓流を目指す。3連敗は絶対阻止。

海川2017041501

まず途中で能生川を確認。予想通り雪溶け水+濁りも多くNG。さらに早川。こちらも同じく釣りは不可。最後の望みの海川。他の2つの川よりは状態良し。まず前半はいつものポイントで試合開始。今日はブドウ虫を選択。今年の2回とこれまでの実績からミミズを先発から外す手堅い采配。今日は負けるわけにはいかない。どこぞのJ1チームと同じ背水の陣。

海川2017041503

丹念に岩の周りを攻めるが、チャンスも無く、緊迫した状況が続く。少し上流に移動し、ポイント攻めるとはっきりと手ごたえあり。引きの状態から明らかにイワナ。焦る気持ちを抑え、久しぶりの感触を楽しみ、ついにゲット。ようやく会えたねイワナちゃん。

海川2017041505

ようやく今年の初得点が生まれ気分もだいぶ楽に。ここで一度川から離れ、後半戦のポイントに移動。今日は実績と経験重視。内容よりも結果、結果。途中明らかに知能を持った生物が作った階段らしきもの発見。これはアクセスが楽。ということは釣り人も多いということか。

海川2017041504

昨年、人生初の尺イワナを釣り上げた場所。実績は十分。流れの緩く、深いところを丹念に探る。するとこれまた懐かしい感触あり。

海川2017041503

すぐに潜ろうとしていることからイワナと予想。1匹目よりも勢いがある。絶対にこのチャンスを逃すべく、慎重に取り込み。25cm程度のイワナGet。少ないチャンスを生かして本日2点目!

海川2017041506

もう少し粘って3点目と行きたかったが、とりあえず結果は出たので、前後半90minの渓流釣りは終了。さぁ気分良くスキーにGo!
2017.04.15 / Top↑