FC2ブログ
今日の天気は残念ながら雨。しかし小雨程度なので作業は可能。昨日に引き続き、今日も秋の薪割り その2、始まり始まり。

薪割り週間6

今日は歩いて家からアジト(薪小屋)に向かう。こちらアジトに通じる道。奥に進むごとに薪割りへの集中力が高まるかは知らないが、個人的にはこのアングルはちょっと好き。

薪割り週間7

今日のミッションは単純明快。昨日割った、割りっぱなしの薪を薪棚に収納することのみ。このままほったらかしておくと、またグレードの劣る薪となるので、早めに片づける。

薪割り週間8

こちらも同じく、昨日、薪割りをした後、一輪車で運んだままの状態。この状況を見てすでに帰りたくなるが、薪割り作業開始。まずはいつものように蚊取り線香に火を灯す。とりあえず井の字で外壁さえ組めば、後は薪をぶち込むのみ。

薪割り週間9

薪割り週間10

途中、雨が強まり、薪小屋の中で雨宿り。天気を見ながら作業を進め約2時間で昨日割った分の薪の種積みが終了。2.5棚分が埋まる。

薪割り週間11

薪割りを待つ残りの薪。後は比較的細めの木が多いため、作業は楽なはず。黒い部分は薪割りを終えたエリア。後1/3ってとこか。これも来週の週末に割ってしまおう。久しぶりの薪割りであ~腕が痛い。

20161023142115bbd.jpg
スポンサーサイト
2016.10.23 / Top↑
10月。○○の秋と言われるように、いろいろな活動に適した季節。さて我が家の秋は? 答えは一つ。薪割り....。去年のクリスマスプレゼントのケヤキを雪が降る前に片づける必要あり。

薪割り週間2

今日は王子(定義:ここでは最近どうやら「反抗期」とやらの時期を迎えたような長男のことを王子と表現する。)はサッカー遠征。早朝からまずは残っていた仕事を片づけ、アジト(通称:薪小屋)にGo! 晴天の中、Speeco15Tもフル稼働。ドライブに行きたい気持ちをぐっと我慢し、5MTのシフトレバーの代わりに、薪割機のレバーをぐっと握りしめる。Speecoはストロークが50cm弱なので割る作業の時間が短いのが利点。ただし、わずかに長い木を割れないのが難点...。もう1cmのためにチェンソー片手で輪切り。

薪割り週間1

いつものように15Tでも割れないものがある。ここはチェンソーが大活躍。上から切りこみの荒技! 切りすぎてオノ部分にチェンソーの刃が接触してしまったが...。

今日は比較的メンタルが長持ちして、飽きるまで作業を続ける。昼飯も軽く、実働5時間で終了。

薪割り週間3

今日はお土産を家に持ち帰り。これは焚きつけ用の木。5年前に我が家を作った時のあまりの部分。これは小型の斧でハンド薪割り。

薪割り週間4

薪割り時に時々ピリッ!とした痛みあり。最近の薪割りで、この痛みをよく経験する。腕をまくりあげると1円玉くらいの大きさでプックリ。これは何に刺されたのだ? とりあえずムヒを探そう。明日も引き続き薪作業、薪作業。


2016.10.22 / Top↑
今年は本当に多い。王子(定義:ここでは最近再びスプラチューンにハマる長男のことを王子と表現する)のサッカーの試合。いや、お金(だとうれしい)、ちがう、台風。そんなか台風18号接近のニュースあり。

台風18号

観測史上初めて日本海から新潟県内に直接上陸する恐れとの事。仕事も早く切り上げ、あるものの撤去を始める。

2016に向けて2

これが「あるもの」。移動式の薪小屋。いつもはシーズンが終わると、畳んで北側のエリアに収納しておくのだが、今年の週末は特に忙しく、設置したまま。冬の日本海の季節風には耐えてきたが、というよりも季節風が弱いところに設置していた。しかし台風は風向きが冬の季節風とは違うはず! これはやばい。被害が起きる前にスパナ片手にあわてて片づけ。

台風18号対応

とはいっても作業は5minもあれば終了。ボルト固定の屋根を外して、折りたたむだけ。後は薪小屋が持ちこたえてくれるか...。台風情報2016年10月5日 20時40分現在 台風18号は輪島市の西約140kmを東北東に移動中とのこと.。台風よりも強い季節風に7年も耐えてきたのだから大丈夫! いや大丈夫だろう。たぶん....。
2016.10.05 / Top↑
まとめ