FC2ブログ
3連休2日目。昨日は天国(アルビレックス新潟ロスタイムに同点)と地獄(大きな出費)を味わうこととなったが、今日は気分を入れ直し、テレマークスキーにGo。場所は湯沢の神立高原スキー場。

久しぶりの神立高原1

今日はいつもと違い。電車でアプローチ。昨日購入した2日間フリーきっぷをフルに活用。テレマークスキーセット1式をまとめて電車を待つ。以前王子(定義:昨日、まさかの出来事で新しいDSをゲットした息子のことを王子と表現する)が使用していたサッカーバックがブーツの収納にピッタリ。

久しぶりの神立高原12

車だと2時間近くはかかるが、電車だと1時間ちょっとで越後湯沢駅。しかも電車の中で一休みできる。フリーきっぷ様様。

久しぶりの神立高原2

駅から200mほどで神立高原スキー場行きのシャトルバス乗り場。テレマークスキーは板もブーツも軽いので運搬は楽。行きのバスは結構スキー、いやボードの客でにぎわっている。今日はゲレンデも混雑してるのか?

久しぶりの神立高原11

シャトルバスで15min位でスキー場に9:00頃到着。このスキー場はおそらく15-20年ぶり。若かりしころ最大斜度45°のスーパーオリオンコースに突っ込んで、転げ落ちた記憶もうっすらよみがえる。

久しぶりの神立高原10

本日のゲレンデ情報。積雪115cmとあるが、実際はそれより少ない。雨+ガスとコンディションは良くないが、逆に好都合。これで青天だったらゲレンデはものすごい渋滞となっているだろう。すでにリゾートホールは人、人、人。

久しぶりの神立高原3

リフトに乗ってメインゲレンデに。上部はガスで視界不良。下部のなだらかな斜面はすでに多くのスキーヤー・ボーダーでにぎわっている。4、5人テレマーカを見かけるが滑りは×△▼☆○....。正直、参考にならない。渋滞を回避するため早々に上部のコースに向かう。

久しぶりの神立高原7

スキー場最上部。ここを左に行けば45°。もちろん小雪のためクローズ。たとえオープンでもさすがにテレマークでは突っ込まないが...。先週Yさんとの練習のおかげか、前よりもいい感じ。今日も「こらターン中に足引くな」と足と喧嘩しながら練習練習。

久しぶりの神立高原6

混雑しているのは比較的緩やかなコースのみ。それ以外は空いていて、リフト待ちもそれほど気にならない。6人くらいのテレマークGrも発見。うまい。いつも教えてもらっているコーチの滑りっぽい。意外とテレマークが多いことにびっくり。

久しぶりの神立高原5

左手はミルキーウェイコース。土日祝日のみOpenするコースだが、今日はClose。すでにコースは雪がない。このコースを楽しみにしていたのに残念。さすがに全体的に雪も少ない。さて足も疲れたし、後1本滑って帰ろうと最後のリフトに乗った時に悲劇が....
お茶を取り出そうとバックを外したら、そのままバックがリフトから落下...。半額セールで購入したとはいえお気に入りのバック。パトロールに泣きを入れ、回収可能かどうかお願いし、約30分後に手元に届く。ありがとうパトロール隊。

久しぶりの神立高原8

バックも戻ったので今度こそ最後の1本。パトロール隊の滑った軌跡をみると、こんなところを通ったもよう。板を担いでこんなとこ歩いていたのか? 怖....。

久しぶりの神立高原9

おそらくバックの落下地点。改めてありがとうパトロール隊。最後の1本を楽しむ。なんとなく滑りも良い感触あり。さて電車に乗って帰ろう。もう一枚、神立高原のリフト券があるけどどうしよう。プジョーの屋根を開けて魚野川の渓流釣りとセットで来ようかなぁ。










スポンサーサイト



2016.03.20 / Top↑
久しぶりの3連休。月曜日の午後から王子(定義:ここでは最近任天堂3DSの充電差し込み部の調子が悪いとこちらに訴えている息子のことを王子と表現する。)の練習試合があるだけ。後は家族そろってフリー。サッカーチームのコーチから「試合開始前のアップ中の選手の動きをよく見た方が良い」とのことから、王子より「ビックスワンに行こう」とmission発令。このようなmissionはいつでもwelcom。今日は家族で久しぶりのブックスワンにアルビレックス観戦。電車の中でかみさんと勝利を祝って、乾杯!!


ほろ酔い(もちろん昼食も生ビール付き)、久しぶりのビックスワン。王子も選手の練習風景に集中、集中。ここでいい気持ちの父ちゃんが王子と試合開始前に約束。「田中達也と大野和成がゴールを決めたら、新しい3DSを買ってあげる」と。さぁ14:00キックオフ!!

----前半終了。よっしゃ。-----後半途中。何!! そしてまじか!!! -----試合開始終了間際。Yes!!!!!!。

と試合はなんとか引き分け。そして気になる公式記録は、
アルビレックス新潟 2-2 柏レイソル
前半9分:田中達也
後半50分:大野和成

王子、3DSゲット.....。帰り道、電機屋で大きな出費となる....。

そういえば、前もPINO(アイス)を購入した時に、スティックに書いてある番号を見事に当てたら、DSソフトを買ってやるといったら、見事に番号を的中させたなぁ....。

 





2016.03.19 / Top↑
今日は王子(ここではフットサル、サッカー、トレーニングシューズを同時に同じデザイン・モデルを購入し、やる気スイッチ全開の息子のことを王子と表現する)はサッカーの練習試合。せっかく先日懸賞で当たったキューピットバレイリフト一日券を使わないともったいないので今日はYさんもOKとのことからキューピットに向かう。

動画で確認

前回のAKAKANレッスンで「足を引く」悪い癖、かつ「重心が高い」の指摘を受け、矯正すべくトレーニングを積んできた。今日はお披露目。Yさんから動画を取ってもらいフォーム確認。王子の撮影では役に立たなかったため、自分の滑りを初めてビジュアル化で見ることができる。ここで指摘された内容が明確に....。スタンスが狭く(アルペン)、ターンの後半での谷足の押し出しが弱く、重心も高い。遠くから見るとテレマーク姿勢を取っているアルペンっぽいターン....。滑っていても足を引く悪い癖がでているものわかり、前につんのめることもあるし...。

今日は3時間ほど滑って終了。今シーズンは頑張っても後数回。ターンは矯正されるのか? 次回以降に続く。
2016.03.13 / Top↑
昨日に引き続き、薪積み作業。今日も薪小屋(通称アジト)に向かう。春になると王子(定義:ここでは我が息子のことを王子と表現する。)のサッカーも本格化するので早め早めに終わらせる必要あり。

薪積み30603

外壁は昨日すでに組み上げたので今日は中央部にひたすら薪を敷き詰めるのみ。一輪車で運び、薪を積んでの繰り返し。

薪積み30502

一画に積みきれなかった薪はこちらに。これでようやくメタボリック原木2代目との戦いが終了。

薪積み30601

昨日まで山のように積み上がられていた薪もすっかりきれいに。これで一安心。そろそろ薪ストーブシーズンも残り1ケ月ってとこか。

メタボリック原木薪つみ9

現在までの薪使用状況。まずは大割薪。ケヤキがメイン。これは備蓄十分。逆に後1ケ月で使いきれるかどうか不安...。
今年は週末は王子のフットサル大会が目白押しだったため、週末の使用量が減少。このため例年よりも消費量少なめ。
年々薪に関しては消費量よりも供給量が上回っている。

メタボリック原木の薪積み10

こちら中割り。アカシアがメイン。これはぎりぎりってとこか。

メタボリック原木の薪積み11

こちら焚き付け用。これは確実に足りない。補給必要。

薪積み30506

家に帰って今日の遅めの昼飯。焼き芋。後1ケ月を楽しもう。




2016.03.06 / Top↑
3月。そう、春スキーに渓流釣りと一粒で二度おいしい季節到来。さらにプジョーの屋根を開けて車を走らせればおいしさ倍増。
今日は朝から3月とは思えないぽかぽか日和。薪もあと少しで片付くので、完了させたいし。これは朝ゆっくりと寝てなどいられない。

渓流竿 ニューアイテム

今年からの渓流釣りニューアイテム。昨年竿の手入れ中に破損させてしまった流覇Ⅱ中硬硬に代わり、翡翠硬調70M。ゼロ釣り用の竿も持っているので一般的な7:3調子竿を購入。

2016渓流初戦 早川で1

2016年の渓流釣り開幕戦を飾るのは「早川」。今年も新潟県共通魚魚券を購入したので、どこの川でも釣り可能。いつものように切込橋からアプローチ。さすがに先客の足跡がすでにあるが、これは昨日の足跡。今日は誰も向かっていない様子。

2016渓流初戦 早川で3

この時期の必須アイテム。「かんじき」。今年は例年の積雪の半分とはいえ、まだ3月。川沿いにはまだまだ積雪あり。雪面を進み、ポイントを目指す。昨年のこの時期に比べれば雪も少なく、アプローチ時に恐怖感は無い。

2016渓流初戦 早川で2

この川も隣の能生川同様に直球ストレートコース。流れがまっすぐでかつ急。所々に大小の堰堤があるため、今日は堰堤の深場を重めのおもりで攻める。うっすらと雪解け水が混ざり少し濁りあり。水も冷たい...。餌はミミズをセレクト。2015年の能生川での開幕戦は「0」の黒星スタート。今年は幸先よいスタートダッシュといきたい。

2016渓流初戦 早川で4

が、開始1時間経過...。あたり(正直この時期はよくわからない)すら感じられない。次のポイントを求めさらに上流を目指す。あぁ山がきれいだなぁなどとスノーハイキングを楽しんでいる場合ではない。刻々と試合終了時間が迫っている。

2016渓流初戦 早川で5

今回はあまりポイントを変えずにじっくりと堰堤・大岩周りの深場を攻めるが、サッカーで例えればシュートは枠を行かない。コーナーキックもキーパ正面。チャンスすら作れず完敗MODE。時間も10:30。すでにアディショナルタイムに突入。そろそろタイムアップ寸前。引き返す途中で最初のポイントで最後の望みをかけて最後のワンプレー。GKも前線に上がってパワープレー。ここにきて目印の動きに異変が! 明らかに今までと動きが違う。焦らずじっくり様子をうかがい、ついにヒット。

2016渓流初戦 早川で6

ヒットと同時に奥に潜り込もうとしていたので予想ではイワナ。今日はナイロン0.3号のため多少の無理は効くが慎重に進める。最後のチャンスを逃すわけにはいかない。25cmサイズのイワナゲット。ようやくゴールをこじ開けることに成功。

2016渓流初戦 早川で8

今日は晩飯には持ち帰らずリリース。10時過ぎて魚も少しは動き出したか?と二本目と行きたかったが、時間もないので今日は終了。さて戻って昨日の残りの薪を積み上げよう。

(メタボリック原木 いよいよ乾燥に2 に続く...)
2016.03.06 / Top↑
長い冬も終わりに近づき、きょうは晴天+ぽかぽか天気。しかも3月、渓流釣りも解禁。

薪積み30501

いつものようにスキー・渓流釣りの天秤を掛けたが、今日はこちらを優先。そう、2代目メタボリック原木の乾燥。冬の間、かまくらの用に仮に積み込まれた薪をちゃんと薪棚に積み上げる作業を行う。

薪積み30502

ブルーシートを外すとケヤキの独特な、臭い、香りが漂う.....。少しカビも発生。これ以上気温が上がると、薪のコンディションが間違いなく悪化する。早めに処理する必要あり。渓流やスキーに行きたい衝動をぐっと抑え作業開始。

薪積み30503

本日の作業時間は午後から開始の15:00まで。5棚分の空き部屋があるが、2代目メタボリック原木ご一行はこちらの一画にご案内。

薪積み30504

いつものように井の字に薪を積んで外壁を作り、後は薪を並べるだけ。前回のように途中で薪崩れを防ぐために、それなりに慎重に積み上げる。数年間はここで待機していただく予定。

薪積み30505

おそらく用意した場所ではすべての薪を積むことができないので、余った薪はこちらの通路に置く予定。後2時間もあれば薪積みも終了したと思うが、残念ながらタイムアップ。早く片付けて山に行こう。


2016.03.05 / Top↑