FC2ブログ
暑い....。GW後に出張で日本にいなかったが、帰って来たら暑い....。眠い....。体調悪い...。
今日は王子(定義:ここでは先週の小学校の運動会で総合優勝しご満悦の息子のことを王子と表現する)はサッカーの練習で1日不在。しかし暑い...。夏が近い....。

余った薪の片付け1

ふと見ると夏にはまったく似合わない風景に遭遇。この冬、使わずに余った薪と目が合う。基本的に我が家は薪のストックは薪小屋(通称アジト)保管。6月からはまた出張。梅雨入りで湿度が上がる前に片づける必要度がUP。
今年は王子専用薪、これまで薪作りで余った・短い部分、いや大トロの部分が今年めでたく我が家の冬の追加燃料となったため、例年よりも多く余った。

余った薪の片付け2

移動先はこちらの薪小屋に。去年、薪崩れを発見したがそのまま放置していたエリアに戻す。ついでに薪の整理整頓。

余った薪の片付け9

余った薪は軽トラック1.2杯分。今日も一輪車でピストン輸送。ぎっちり詰め込み1時間くらいで整頓完了。しかし少し余ってしまう。

余った薪の片付け8

積みきれない薪は王子専用薪棚に移動。すでに少量の王子専用薪が保管されているが、隣で次の冬まで眠らせていただく。

余った薪の片付け3

この後は3月に割ったケヤキをしっかりケア。こちらを雨から守るため、薪小屋に移動。

余った薪の片付け7

すでに屋根付きコンドミアムは満室のため、隣のテント場に。去年すでに積まれていたエリアを拡張。シートが足りなかったためホームセンターで購入する必要あり。このエリアの薪達がヨツールF500で光と熱を放つのは5年後か? とりあえず、これで薪の整理整頓は終了。隣のレーンは2代目メタボリック原木の薪乾燥エリアとなるだろう。

余った薪の片付け4

調子も出てきたので、次の作業に取り掛かる。今度は焚き付け用薪の片づけ。こちらも薪割時に出てきたカスと王子専用薪のおかげで例年よりも使用量が少ない。結構余った。

余った薪の片付け10

焚き付け用はかごに保管。この後、シートをかけて次の冬まで保管。

余った薪の片付け5

この後、再び家に戻り、中割用と焚き付け用の可動式薪棚を夏の定位置に移動。中割用の薪小屋は毎年設置向きで悩むため今年はしっかりLeft、Rightとマーキング。I can't miss it.

余った薪の片付け6

最後に可動式薪小屋の一部を常設の薪小屋に移動し、作業終了。後はヨツールF500の掃除をすれば夏modeに切り替え終了。その前に渓流に行こうか! いや、その前に出張の準備に移行か....。















スポンサーサイト



2015.05.30 / Top↑
2代目メタボリック原木。やつとの出会いは約1年前の2014年6月までさかのぼる...。親父のカタキという怨念と執念がプラスされた2代目は間違いなく手ごわい。この1年でさらなる進化を遂げているだろう。

メタボリック原木アゲイン1

長い冬もとっくに終わり、今年も暑いだろうと思われる夏も近づいている。また出張も3月、5月、6月と連チャンで続き、時間的な余裕もない。こうしている間にもやつはどんどん進化している。アルビレックス観戦で新潟やアウェー松本戦など行っている場合ではない。急がねば、しかしどう戦う...。

勝負の明暗を左右する名案が頭の中でポンとLEDが光る。作戦を敢行するためGW後にあるところに電話。

無残メタボリック原木1

そして今日、見よ変わり果てた奴の姿を。ほぼ40cm幅の玉切り終了。いつも木を紹介してくれているプロに頼み、大型チェンソーで切ってもらうという荒技を繰り出す。約10日間の出張の間に、戦いはあっけなく終了。さすがプロ。どれほどでかいチェンソーを使ったのだろう。自分が切っていたら間違いなく半年かかりの消耗戦。Time is Money。これで渓流に行く時間も確保。

無残メタボリック原木4

とはいえ薪割機にセットするにはでかすぎるので半分に切る必要はある。ところが最近チェンソーの切れが悪い。チェンオイルの出がなんとなく悪い。オイル量を調整するつまみを押しながら回す。作業は慎重に。以前、押さずに回したところ簡単に欠けてしまいオイルポンプを交換した経験あり。

無残メタボリック原木3

オイル出口からは間違いなくオイルが出ていることを確認。この後、チェンソーを掃除し、ブレードの溝も掃除。セットしてエンジンをかけるが、どうも先端からのオイルの出が少ない...。切って確認してみよう。

無残メタボリック原木2

2代目の戦いの勝利を確認し、約2ケ月ぶりの薪小屋パトロール。一部屋根が剥がれている小屋発見。なんだかんだで築5年。これまで日本海側の猛烈な季節風に耐えてきたが、今週末に修理しよう。梅雨に突入する前に。





2015.05.25 / Top↑
今年も3家族合同で春のバーベキュー大会。GW最終日に開催。会場もスタンバイOK。

2015050919230362f.jpg

炭も確認済み。やはり炭は重要。新潟長炭購入済み。

GWバーベキュー1

炭起こし器にセットし着火。後はほっとけば真っ赤な炭が出来上がる。本当にほっとけばよいだけ。これはとても優れモノなアイテム。後で子供らに「火起こししたかった」「団扇でパタパタしたかった」とクレームがあったが...。

GWバーベキュー8

炭の準備ができたところでみなさんご到着。子供男子らは着いたと同時に3DSのふたを開ける。大人も負けじと1BS(一番搾り)のタブをあける。乾杯!

GWバーベキュー9

今年は料理人が登場。さすが女の子。男子は全くバーベキューに興味なし。ひたすら3DSでモンスターをやっつけ始める。大人はEBS(エビス)をすでにやっつけている...。

GWバーベキュー7

ここでブリかま登場。やはりこれは外せない。バーベキューお気に入りアイテムの一つ。

GWバーベキュー11

ドーンと牛肉。今日はふんぱつ。シンプルに塩コショウのみの味付け。焼けたと同時に子供の襲撃にあい、大人はトライできず...。仕方がないので今度はドライを飲み始める。

GWバーベキュー12

子供たちは腹も満たされたので、近くの公園に。ここからジェントルな大人のバーベキュー。全員40歳Overのため海鮮物がメインとなる。しかし、炭で焼く海鮮物はごくうま。この流れだと次のビールは発泡酒「アサヒ 極旨」か? しかし今日は贅沢Day。発泡酒などは購入していない。そう、今日は春のバーベキュー祭り!

この後はワインに切り替え。記録を取ろうとする気力がマヒし、記憶も薄れてきたので写真無し。レポート終了。




2015.05.06 / Top↑