FC2ブログ
4/26。ようやくフリーな時間が訪れる。1週間前からスキー場情報をくまなくチェック。滑走可能コース、リフト代、ローケーション...。せっかくの春スキー、せかせかせずに純粋に山からの景色も楽しみたい。もちろんアクセスではOPENでの走りも。今年こそは八方尾根? いや志賀高原焼額、はたまた野沢温泉。うーん湯沢近辺も捨てがたい...。

迷ったあげく、今シーズン最後のスキー場として「シャルマン火打」に決定。理由として、
(1)絶対に空いている。(たぶん八方尾根とかは混んでいるんだろうなぁ。
(2)今の季節、ロングコースは楽しめない。足もジャバ雪のロングコースに耐えられない。
(3)滑ってしまえば、山の景色など関係ない。
(4)懸賞で当たった無料チケット1枚あり。
(5)シーサイドラインでOPEN走行可能。(白馬方面はトンネルばかり)
(6)渓流釣りの下見も行ってこよう。
のことから八方尾根modeが一気にシャルマン火打modeに。荷物を積んで7:00出発。早朝にも関わらず、BMWのカブリオレがOPENで走っていたことに感化され、こちらも屋根をあけてスキー場に向かう。暖房もON。

2014シーズン最後 シャルマン火打1

8:00の能生川。渓流釣りの下見。まだ薄濁り状態だが流れは半端ない。確認も済んだのでスキー場に向かう。

2014シーズン最後 シャルマン火打8

8:30スキー場に到着。本日のゲレンデ情報。積雪は豊富なので、ほぼ全面滑走可能。滑走可能コースはハイシーズンと変わらない。

2014シーズン最後 シャルマン火打2

ゲレンデに着くとちょうど場内アナウンスでリフト運行のアナウンスあり。今日もまずはテレマークでスタート。すでにテレマーカ2名発見。

2014シーズン最後 シャルマン火打5

写真は「メールコース」。もちろんコブもできている。テレマークではコブはエスケープ。このうねりはアルペンに任せよう。
ジャバ雪の中、腿が持つまで滑りまくる。全体的にスキーヤーが多い。テレマーカーもこの時点で5名ほど。

2014シーズン最後 シャルマン火打7

こちらスノーマンコース。最初の数本以外はすでに荒れ模様。今日は1ケ月ぶりにも関わらず、腿のコンディションが良いのか、滑りが改善されているのか11:00までノンストップでテレマークで滑走。

2014シーズン最後 シャルマン火打4

この後、山頂で写真1枚。隣市から来たというテレマーカーにとってもらう。少し話してその人とはバイバイ。すでに足が限界のためここでアルペンにチェンジ。今日は約10人ほどのテレマーカが春スキーを楽しんでいた。

2014シーズン最後 シャルマン火打6

さぁここからはコブタイム!と行きたかったが、アルペンの感覚が○▼×※■△....。コブに突っ込むが〒○×★☆◆....。やる気も失せてきたので今日は終了。コブの中にはいつもの富山のテレマーカも。数人のテレマーカーがコブを楽しんでいた中、一人うまい、目指す、きれいに滑る人発見。重心をかなり低くして歩くようにコブを滑るのではなく、この滑りはかっこいい。来年は赤倉観光に通ってコーチの特訓を受けて滑りの質を上げよう。

2014シーズン最後 シャルマン火打9

帰りに再び能生川を確認。13:00現在すでに濁流。今週はさらに気温が上がるとのことから、5月下旬までは釣りにならないだろう。

2014シーズン最後 シャルマン火打10

途中の信号待ちで鯉のぼりを1枚撮影。さて帰って今年こそは王子(定義:ここでは4/18に引き続き、4/29のFC東京戦も見に行きたいというナイスなコメント連発の息子のことを王子と表現する)の5月人形を飾らなくては。8年ぶりに。

今シーズンのテレマークスキーはこれで終了。ごちそうさま。



スポンサーサイト



2015.04.26 / Top↑