FC2ブログ
今日は大晦日。我が家も29日から断捨離を行い、家の中は少しすっきり。午前中は家族で夕飯の買い出しと最後の掃除を行う。掃除も終わり今年中に片づけなければならないアイテムが一つ。

大晦日のパトロール1

先日の薪の運搬中に薪小屋の一部の屋根の破損確認。この下にも薪が眠っているため雨漏りを修理しないとせっかくの薪が腐ってしまう。年が明ければ再び天気は荒れ模様のため、午後からのわずかな曇り天気を生かし、修理開始。

大晦日のパトロール2

今日は王子(ここでは大晦日のTV番組はドラえもんよりも「ダウンタウンの絶対に笑ってはいけないシリーズ」が楽しみな小学3年生の息子のことを王子と表現する)も参戦。さっそく空気砲、いやインパクトドリル片手に無謀にもメタボリック原木に挑む。

大晦日のパトロール3

作業は少してこづったが、捲れ上がっていたポリカ板を交換して終了。取り付け途中に薪崩れも発生。これは春になったら整理し直し。とりあえず小屋内に放り込む。王子は薪小屋を空気砲、もといインパクトドリルで今度は小屋を襲撃し始める。

大晦日のパトロール4

作業の後は、王子と薪小屋パトロールに出発! 右に回ったと同時に異変発見。どう見ても何かに荒らされたのではなく、自然に崩れた薪発見。「ドラえもん!」と泣きだしたいところだが、彼に会えるのは100年後...。やはり丸木で壁を作るのはやめよう。これもとりあえず小屋の中に収納しパトロールを続ける。

大晦日のパトロール5

強風で捲れ上がった防水シートの位置を戻したりしてパトロール終了。王子はまだ残った空気、いや電気でさらに薪小屋を地道に攻め続ける...。さて帰ってビール片手に歌合戦でも見るか! 
スポンサーサイト



2014.12.31 / Top↑
今日は天気予報通りに快晴! これは大掃除などしている場合ではない。スキーセットを車に積み込み山に向かう!

快晴のキューピットバレイで4回目2

今日は天気も良いので王子(定義:ここでは今シーズンは脱ボーゲンを目指して欲しい我が長男の事を王子と表現する。)も参戦。取りあえずやる気はある様に感じられる。

快晴のキューピットバレイで4回目5

11:00にスキー場に到着!今日のゲレンデコンディション。見なくとも絶好のスキー日和のため流石に今日は混んでいる。家族連れが多い。珍しくリフト待ちあり。

快晴のキューピットバレイで4回目1

「先ずはゴンドラから」と王子リクエスト。王子は今シーズン2回目。写真からも今日の王子は自信にありふれている。今日こそ彼は本気モードだ!そのオーラはボーゲンなどいとも簡単に卒業してしまう勢いだ!

快晴のキューピットバレイで4回目4

こちらも今日は今シーズン初のテレマーク。王子の後で練習。アルペンでフィジカルは整ったと思っていたが、やはり違う...。膝上15cmの微妙な領域の筋肉パワーゲージも直ぐに空っぽ。初日にしてはターンはできるが、踏ん張り効かず...。これは滑り込まなくてはならない! 頼むぞ王子、と思って横を見ると既にやる気が失せてきている王子確認...。

快晴のキューピットバレイで4回目6

滑り始めて1時間で昼飯。直ぐに滑りたいのをグッと堪えて休憩を充分させ、ゲレンデに向かわせるが王子のライフバロメーターがついに空っぽ。今日の練習が終わる。しかし、少しでも練習時間を稼ぐ、すなわち王子の体力の減少を抑える技発見。次回はこれでもう少し練習ができる!、に違いない、いやできるだろう、んーと思う。
2014.12.28 / Top↑
クリスマスも終わり、今日より夢の9連休。午前中は家の片付け。それとアイテムが届くのを首を長くして待つ。

キューピットバレイで3回目はオガサカ6

中古でオガサカの板を購入。Keo's KS-TE 165cm。板の購入は10年ぶり。昔は雑誌を食い入る様に見ていたが、最近は道具に関しては無頓着。やはりオガサカは憧れる。早速午後から試し滑りに向かう。

キューピットバレイで3回目はオガサカ4

本日のゲレンデ状況。山頂付近はすでに4m越え。

キューピットバレイで3回目はオガサカ1

家の辺りは曇りだったが、キューピットバレイは雪模様。しかも今日はゴーグルを忘れてしまい、薄眼を開けながら滑る。

キューピットバレイで3回目はオガサカ2

滑り始めて1時間程で雪も弱まる。ここで板もチェンジ。今までよりも6cm短く、かつ硬くなった為、最初は違和感を感じていたが、次第に慣れてきた。

キューピットバレイで3回目はオガサカ3

天気の回復とともに菱ケ岳も全容を表す。しばらくパウダーに突っ込むが、板が短く硬くなった為、難易度がUP。

多くの板を履いてきた訳では無いが、しっかりコントロールしてあげる必要があるようだ。その分、制御出来た時は非常に楽しくターンができる。この辺りはテレマークに共通する点かも。

キューピットバレイで3回目はオガサカ5

今日は16:00頃までトータル3時間滑って終了。山を下ると夕陽が綺麗。さぁ明日は貴重な晴れの予想。王子(定義:ここでは念願のモンスターハンターを手に入れ息子の事を王子と表現する。)と一緒に山に向かおう!明日はもちろんテレマークで!
2014.12.27 / Top↑
本日休み。きょうはかみさんも休みのため王子(定義:ここでは本当は今日スキーに一緒に行きたかったのだが練習を最優先のため家においてきた息子のことを王子と表現する)はお留守番。午前中時間をもらう。

フィジカル練習5

今日はプジョーを使用。道も悪くないため特に問題なし。最低地上高は少ないが、我が家のもう一台のルノーカングーよりも雪道は強い感じ。

fフィジカル練習4

長年愛用していたSUBARU R2は軽トラックかのように濡れたままなんでも放り込んでいたが、さすがにプショーにそんなことはできないため、アイテム準備。防水シートにスキーケース。これで板とウェアが濡れても大丈夫。長靴も履いているため室内はゴム臭が漂うが...。

フィジカル練習3

本日のゲレンデ情報。今日は全コースopen。山頂付近で+45cm。オフピステも楽しめそう。

フィジカル練習1

今日は王子もいないため、足慣らしも軽めに上部の第二クワッド沿いをひたすら滑る。今日の目的はとにかくフィジカル。日頃のスクワットの成果の確認とアルペンでのスキーの感触を思い出すことがmission。幸運なことにコースもリフトも混んでいない。

フィジカル練習2

写真はマリオネットコース。このスキー場で最も斜度が急なコース。あたり前だが王子をここに連れて来るわけにはいかない。そんなことをしてスキーに興味がなくなったら、その後の自分の活動に大ダメージ。アルペン滑りの感覚も完全に戻ったので久しぶりにオフピステに突っ込む。若かりし20年前に松之山、津南で鍛えた(転がった、板を探した)腕前、いや足前も完全復活!! 
12:00まで滑り込む。

ここ2年間はテレマーク三昧で、アルペンはあまり履かなかったが、これならOK。逆にテレマークが心配...。こっちは元に戻るわけにはいかないのでDVDを見て、来週は王子のボーゲンの後について斜滑降を繰り返そう...。
2014.12.23 / Top↑
明日から再び天気は荒れ模様。今日は午前中は王子(定義:ここでは昨日のスキーで筋肉痛となり今日のフットサルの練習試合で動きが重かったU-9の息子のことを王子と表現する)のフットサルの練習試合。午後から天気は回復の予報。早いとこ薪の運搬を終わらせてスキーに専念したいことから薪の運搬を行う。

今年最後の薪運搬作業1

今日の目的は2つ。中途半端な長さで形も悪いことから専用の棚で長年眠っていた薪(王子専用薪)と大割用の薪の運搬。まずは王子専用薪を運ぶ。これで軽トラック1杯分。雨と湿った雪が降る中、運搬を急ぐ。

今年最後の薪運搬作業6

比較的長い薪はこちらに収納。

今年最後の薪運搬作業8

さらに短い薪は積み上げ困難なためこちらのカゴに保管。前回の運搬分も含めると全部で8カゴが満タンとなる。結構な戦力。

今年最後の薪運搬作業3

空っぽの王子専用収納エリア。うまく薪積みのできない選ばれたものしか入ることができないエリア。薪小屋作成時のあまり、いや選ばれた材料で作られた小屋。薪割りと玉切りで中途半端、もとい選ばれた薪はここで乾燥させよう。

今年最後の薪運搬作業2

王子専用薪の運搬が終わっため、軽トラック2杯目は大割薪の補充。これはケヤキの枝部分。雪の中運搬を急ぐ。

今年最後の薪運搬作業7

こちらは我が家の常設の薪小屋に収納。壁が既に完成しているため中央の隙間に並べるだけ。作業終了とともに天気も回復し雲も薄くなる。2時間作業を遅く開始していればよかったが、これにてようやく今シーズン分の薪の運搬作業が終了。

今年最後の薪運搬作業4

最後に薪小屋の確認。1箇所、先週の台風並みの季節風の影響か屋根の一部が破損発見。これは今度修理しよう。疲れた...。

2014.12.21 / Top↑
今年は小雪との予想。しかも王子(定義:ここではようやくクリスマスプレゼントが決まったという我がせがれのことを王子と表現する)のフットサルの大会も続くため、シーズン券の購入を悩んでいたが、この2週間の雪のおかげで今年もキューピットバレイのシーズン券を購入。今日はオープン日。薪の運搬どころではない。朝からテンションMax。

いよいよキューピットバレイ1

家から30km。45minで到着。少し風が強いが、まずまずの天気。後ろの新潟県のゆるきゃら「レルヒさん」(※ちゃんと「さん」付けをしなくてはならない)も強風に顔があおられなかなか前に進めない...。

いよいよキューピットバレイ7

本日のゲレンデ情報。ベースで260cm。しかし、整備が追い付いていないのか下部のゲレンデのみオープン。まぁ今日は王子と一緒なのでちょうどよいか。今日はアルペンを選択。この2年間テレマークばかりやっていたため、かなり感触を忘れている。

いよいよキューピットバレイ2

颯爽と板をセットする王子。白銀のゲレンデを前に王子の背中からも気合が感じられる。彼は今日はヤル気だ! 

いよいよキューピットバレイ3

颯爽と滑る王子。最初は9ケ月ぶりのスキーに戸惑っていたようだが、少しずつ感触をつかんできたようだ。こちらも感触をつかんでいただかないと練習にもならないので、熱心にかつ飽きさせないように絶妙のバランスでコーチングを行う。リフト2本で帰るわけにはいかない! 必死!

しかし、2本リフトを乗ったところで、「疲れた」「腹減った...」と一言。下山してランチタイムとなる。しっかり朝飯食べさせておくべきだった...。反省。

いよいよキューピットバレイ4

いつものようにカップラーメンのお湯を注いで昼飯の準備の間、王子はかまくらづくりに取り掛かる。疲れていたんじゃないのか? 腹をすかしていたのではないのか?? しかもラーメンを食べた後久しぶりのMission発令。「かまくらを作る」と。
かまくら、というよりもトンネルを作り出す。これは想定内。早いとこトンネル、いやかまくらを作りMissionを完了させ、ゲレンデに足を向けせなくては。

いよいよキューピットバレイ5

雪は締まっているがとても柔らかく発砲スチロールのよう。雪遊びをするには最適な雪質。10min程度で一人分のかまくら完成。王子も満足。こっちは必死!

いよいよキューピットバレイ6

この後、入り口を少し塞ぎ脱出ゲーム。王子も大変満足されたため、間髪入れずに「さぁゲレンデに戻ろう」と一言。王子も快諾。このタイミングを逃すわけにはいかない。本当に必死!

いよいよキューピットバレイ9

下部のゲレンデしかオープンしていないが、混雑は感じられない。本格となるのは新年を迎えてからか。本日の最上部で一枚。この時、すでに駐車場からゲレンデに向かう間ですでに「疲れた」のコールを数回発せられている。ゴールは近い。
こちらも足のフィジカルを上げるため、王子の後ろで無理やり小回りを繰り返す。

いよいよキューピットバレイ8

完全にモチベーションとライフのメータが「0」に近い王子...。この後、短いコースを降り、着替えて、温泉に入って帰宅。オープン初日が終了。乳酸もたまらず、感触ももどらず...。23日に鍛えよう。




2014.12.20 / Top↑
再び大雪...。先週の状態にリピート。

先週に戻る

とりあえず屋根から落ちた雪の片付けを実施。しかし再び薪小屋へのアクセスが閉ざされた。いやぁ最低限の薪だけでも昨日運んでおいてよかったぁ。頼む、あと軽トラ1回分運ばせてくれ!
2014.12.14 / Top↑
雪中薪運び1

さてこの写真。雪のキャンプ場ーのバンガローの写真ではない。我が薪小屋(通称アジト)。先週の大雪のおかげで、薪の運搬スケジュールが大幅に乱れてしまった....。今日は雪の中、薪の運搬を決行! 真面目にこれではまずい。今日は王子(定義:ここでは今年もキューピットバレイのシーズン券を購入予定のせがれのことを王子と表現する。)のパッケージングクラフトのイベントに参加のためタイムリミットは9:00。夜明けと同時に雪も降りしきる中、作業開始。

雪中薪運び3

アジトへのアクセスルートも先週の天気でなんとか雪が消え開通。今日もピストン輸送を行う。

2014121318350803f.jpg

今日のノルマはこのアカシア。主に天板温度70℃から150℃を受け持つ。これがないと大割のケヤキまで火がたどり着けない。地味だが重要な薪。

雪中薪運び4

運搬中に招かざるお客発見。最近話題のゴ○ブ○リ。我が家の薪に混入させる訳には行かない。降りしきる雪の中に優しく払い落としご遠慮頂く。

雪中薪運び8

後はいつものように一輪車で運搬。今日は2倍速で繰り返し、薪棚に積む。大割りと異なり、中割りは積み上げはそれほど考えずにスピーディーに可能。作業開始1時間でアカシアが終了。

雪中薪運び5



アカシアの次は王子専用薪を時間が許す限り運搬。この棚は薪小屋作成の際にできた廃材で組み立て。日本海側の季節風・大雪にも耐え3年が経過したが、特に問題なし。

雪中薪運び6

ここには長さが短い薪や玉切りした時のあまりの部分が眠っている。今年はこれが我が家のストーブに投入される貴重な燃料となる

雪中薪運び9

王子専用薪で比較的大きな薪はこちらの焚き付け用の隣のフリーエリアに投げ込み保管。出番は直ぐに訪れるだろう。

雪中薪運び10

手のひらサイズ以下はこちらのカゴに収納。これも焚き付けとなる重要な材料。
雪も強まり手が冷たい...。

20141213183837636.jpg

薪割り時に出てきた小辺は乾かせば非常に良い焚き付け用になる。今シーズンは4カゴの在庫があったが、すでに2カゴを使用。空いたカゴは王子専用薪の入れ物へ。

ここでタイムリミット。この後大急ぎで着替えてクラフト会場に向かう。

イベントも終わりにキューピットバレイの出張販売先でシーズン券購入。今年は小雪とのことからシーズン券の購入を迷っていたが、ベース部ですでに積雪120cmとのこと。オープンは来週土曜日12/20!さぁシーズンに向けて明日、残りの薪を運ぼう...。しかしすでに結構積もっていて屋根から雪が落ちている音がする...。今年は完全に出遅れた!不覚!





2014.12.13 / Top↑
さて大雪の次の日。我が家は雪国でも海沿いなのでそれほど雪は積もらない。雪も自然落下方式。なので雪下ろしの必要が無く楽、安全!      などと言ってはいられない。

薪を運ぶために1

大雪の後はこの通り。薪が雪中貯蔵。どこぞ屋の日本酒のように保管される。正直薪小屋を作る時はまったく想定していない。まだ落ちた雪が小屋に直撃していなくてよかったが...。

薪を運ぶために2

こちらは中割アカシアの保管棚。こちらも積雪数10cm。来週は雨模様だが消えないと薪が運べない。のんきなことは言ってはいられないため今日は雪かきを決行。今日は王子(定義:ここでは我が息子のことを王子と表現する)も手伝う発言も! スキーウェーアを着てスコップ片手に作業開始。

20141207134900122.jpg

作業開始。直後に王子はすでにアートに夢中....。まぁ邪魔されるよりはまし。はよ片付けよう。許された時間は約1時間。

薪を運ぶために4

スコップ片手にえんやこうら。(スコップは両手で持っても仕事ができないので当たり前か。) 雪を掘り、捨て、堀り、捨てを繰り返し。作業終了。とりあえずルートとエリア確保。

薪を運ぶために3

こちらは数年分の薪が備蓄されている薪小屋(通称アジト)のアクセスルート。今日も除雪車が入ったため入口に雪のバリケード。どうやら来週はこのバリケードを軽トラックで突破しなくてはならないようだ。

薪を運ぶために5

ウッドデッキでたたずむ王子アート作品。ひょうたん、いや雪だるま。

まさか来週までこれが溶けずに残っていることないよなぁ。週間天気予報を見るとまた週末にひょうたん、いや雪だるまのマークがあるけど...。







2014.12.07 / Top↑
12/6(土)。そうJリーグの最終戦。今日は王子(定義:ここでは今日のサッカー観戦、来週のクラフト教室を楽しみにしている息子のことを王子と表現する)もサッカー観戦。雪が降ろうが風が吹こうが絶対見に行くと強気の発言。

薪がぁはこべない

朝起きて外を見るとバーン!と雪景色。昨日の夕方の時点から降り始め、天気予報もさかんに大雪と言っていたので予想できたといえば予想できたが.. 予想以上で積雪20cmくらい。家の前の道も除雪車も出動した形跡あり。案の上、新潟市ビッグスワン周辺も大雪のため10:00前には中止のアナウンス...。さすがに気合も天気には勝てない。

さて明日やろうと思っていた仕事をでは今日しよう。しかしちょっと遅い朝飯の最中に非常にまずい状況であることに気づく。残りの薪が運べない!!!!

最悪の薪シリーズ1

こちら雪がない時のアジト(薪小屋)へのアクセスルート。この道が、

薪がぁ運べん

ドーン!! 買い物のついでに状況確認。冬季閉鎖状態。もちろんここは除雪車などは通らない。
まだ今年分の薪がこの雪道の向うにあるのにぃ! ski的にはniceだが、まずい...。このルートは我が家の冬の生活にもつながってる。明日も大雪。来週これ溶けるのか?










2014.12.06 / Top↑