FC2ブログ
今日は、王子(定義:ここでは最近ようやく自転車が乗れるようになった長男のことを王子と表現する)は友達の家に遊びに。かみさんも一緒。このため急遽、スキーセットを車に積み込みスキーに向かう。今日は薪割り作業は無し。

今日の薪割りエリア

自宅から1時間圏内だとシャルマンか赤倉観光しかない。赤倉はコースが限られている&渓流釣りの下見も兼ねてシャルマンをチョイス。9:00到着時はそれほど混んでいない。大分雪解けも進んでいる。

今日の薪割りエリア

スノーマンコースとメールコースを中心に滑る。このスキー場は山全体がゲレンデ。写真のメールコースの脇にはコブ斜面。雪は重くあっという間に太腿も乳酸満タン。2週間ぶりでフィジカルもダウン。今日はスノーバイク?なるものの体験をやっていて、いたるところに雪の溝と雪の塊があり、足元が不安定で上体を保つためさらに疲れる...。

今日の薪割りエリア

コース上のスキー、スノーボーダはまばら。リフト前に10人程度常時待つ程度。リフトで一緒だった女性のパトロール(珍しい)に聞いたら、G.W.中も込み具合がこの程度とのこと。

この後、コブに向かうが全然ダメ...。きっかけすらつかめず玉砕。

今日の薪割りエリア

しかし、今日はテレマーカ10人は出没。しかもコブフリークが多い。1人非常にうまい人発見! 滑り方から判断すると去年も見かけた人だろう。その方はシーズン券を購入し富山から来ているとのこと。今日はゲレンデの方が荒れていて難しいですよ、と言いながらコブばかり滑っている。うまい! うまいが自分が目指す滑り方では無い。(コブは滑れないが...。) 来年こそはまた赤倉でまさプロに教えてもらおう。

もう一人の人は石川県から。山頂で写真を撮ってもらう。後は5人の集団組も練習をしていた。

今日の薪割りエリア

スキー上のさらに奥の様子。レンズが汚れていたが、大分雪解けも進む。12:30に帰路に向かう。途中で渓流釣りの下見も実施。川の増水(濁流)も落ち着いてきたので、5月中旬くらいから渓流釣りができるか?
さて家に帰って今日もサッカー見よう。

サッカー、アルビレックス新潟、後半残りわずかで何とか追いつく。ボランチ小林、期待しているぞ!!
スポンサーサイト



2014.04.29 / Top↑
さて昨日に引き続き今日も薪割り、薪割り。軽トラックに薪割り機を乗せてアジト(通称薪小屋)に出発。今日は一人作業。

今日の薪割りエリア

メタボリック原木はほとんど薪に仕上げたので、写真左側の桜をメインに薪割り開始。許された時間は約2時間。

今日の薪割りエリア

特にひたすら薪を割るだけなので映像無し。あってもダンゴムシやら、ゲジゲジやら、大嫌いなムカデの子供の映像ばかりでとても写真に載せることなどできない...。春になり虫たちも活発化。

ひたすら割り続け、約2時間の薪割り作業でこれくらい。

今日の薪割りエリア

左側のエリアはほとんど終了。後少し残すが、時間切れ。この後、王子(定義:ここでは我が息子のことを王子と表現する)との約束があるため、きれの良いところまで割りたかったが...。

今日の薪割りエリア

薪割り作業の余り、木端も焚き付け様にカゴの中に入れて乾燥。まだ、大工さんからもらった杉・檜の建材や、杉の細切りは備蓄しているが、これらの木端も使う。

今日の薪割りエリア

次回の薪割りはこれらのアカシア。アカシアは中割りにしてストーブ天板温度50℃から100℃に上げるために使用するので結構必要。これらを割ればしばらく大丈夫だろう。

今日の薪割りエリア

最後に各薪小屋周辺を確認して作業終了。今回割った薪はこの辺に置く予定。薪小屋も増設するかどうか思案中。やはりしっかりと小屋を作った方が、保管も楽だし確実。

今日の薪割りエリア

タイムリミットも迫ってきたので最後の作業。軽トラックに薪割り機を積み込む難作業。薪割りで疲れた体には結構きつい。力が出ない...。なるべく負担を減らすために下り坂にトラックを設置し、上から押す。薪割り機は135kg。一人で運ぶにはやはりこの大きさが限界だろう。

さてこの後は王子とのmissionを果たすため、アジトを後にする...。近くの公園にLet's Go!!


この後、王子とのmission。自転車の練習練習。一応元自転車、トライアスリートの指導で自転車に乗ることができるように(ようやく)なる。慣れてきたらサイクリングに行こう。
2014.04.27 / Top↑
さて先々週より薪割り開始。1年ぶりに薪割り機もフル稼働。
しかし、ここでも薪割り作業を阻む魔の手が...。そうメタボリック原木。
前回の戦いで玉切りに仕留めたが、重い,とにかく重い。しかしもケヤキ、さらに重い...。
二人かかりでも持ち上げられない。またこれだけ太いと15t Powerでもさすがに割れないだろう。

ボスキャラ残骸

というわけでチェンソーで真四つにする必要あり。16インチでも届かない。
しかし、切り始めても全然切れない。ギコギコ引き始める...。最近調子悪い。だめもとで14インチバーに交換してみる。

ボスキャラ残骸

切れる! 見る見るうちに切り屑がたまる、たまる。刃を替えただけで時間短縮! やはり刃の研ぎ方が甘かったのか?

ボスキャラ残骸

切れる! と言っても14インチ。右から、左から、前後から切り、やっと真っ四つ! 1/4でも重い...。

ボスキャラ残骸

さぁ2つめのメタボリックに挑む。まずは半分。さぁさらに半分。が、途中で切れ味ががくんと落ちる。またギコギコ
し始める。まぁここまで切り目を入れれば、後は15tで真っ二つだろう。今日はこれで終了。

ボスキャラ残骸

さぁこれで行く手を防ぐ邪魔者はいなくなった。さて後はこれを割ろう! 5月の中旬には片づけたい。
でもまだスキーには行きたいし、久しぶりにスタジアムにも行きたいし...。まずはホームセンターで丸やすり買ってチェンソーの刃を研ごう。







2014.04.26 / Top↑
今日も良い天気。昨日とはうってかわりぽかぽかの春。さて今日はどうしよ。

薪割りへレッツゴー

などと考えている時間は無い。薪割り機を積んでアジト(薪小屋)に向かう。今日はかみさんのお父さんも手伝ってくれるとのこと。

薪割りへレッツゴー

アジトまでは家から700mくらい。去年1年かけて玉切りを終えた原木は腐るほどある。本当に腐る前に薪を割らねば...。今日の作業時間は午前中。薪割り機のエンジンはかかるが、自分のエンジンがかからない...。テンション低。

薪割りへレッツゴー

前回紹介した薪割り機SpeeCo 15t。手に入る原木はほとんどがケヤキ。特に近年巨大化しているが、15tならばこのくらいの太さのケヤキも真っ二つ。しかし、でかい木が多いので、重い...。二日前の筋肉痛も残っているのでパワーは上がらない。

薪割りへレッツゴー

しかしさすがに無理は禁物。途中で割れず、何回かチェンソーのお世話になる。

薪割りへレッツゴー

アジトのすぐ近くには信越本線が走る。電車でも見ながらのんびり薪割り。今日は昔懐かしのカラー(国鉄色というのか?)の普通電車が走っていた。残念ながら写真に収めることはできず。

薪割りへレッツゴー

この後は二人で思い原木を運びながら薪割りを続け、お昼になったので今日の作業は終了。さすがにフィジカルもメンタルも2,3時間が限度。まだまだ後ろには次の薪割りを控えている原木がある。
直径80cmクラスのメタボリック原木は真っ二つ、いや真っ四つにしないと薪割り機のステージに乗らないので、次回に。


レンタル機を借りていた時は数日で1年分を割らなくてはならなかったので、朝から晩までひたすら割りまくっていたが、これは本当にきつかった。薪割り機購入後は時間を気にせず、少しづつできるので非常に助かる。

この後、割った薪をどこに保管しようかを考えながら、薪小屋の周辺を確認し、帰路に向かう。次回に備えチェンソー刃を研いで終了。しかし本当にどこに薪を置こうか? 


2014.04.13 / Top↑
さすがに前日、かぐらスキー場ではしゃぎすぎたため、筋肉痛はピーク。桜の開花もピークなので家族三人で日本三大夜桜の高田公園に向かう。

薪割りへレッツゴー

桜と火打山がきれいだったので写真1枚。つい足もうずく。明日も滑りに行きたいところだが、薪割りの予定。

薪割りへレッツゴー

桜も満開で土曜日。このため会場、その周辺も人でごった返し。しかし桜は満満開。ちょうど夜も更けてきたので桜ロードもきれい。昨日に引き続き今日も寒い。

薪割りへレッツゴー

日暮れ間際のコバルトブルーの空ににピンクの桜と、満月とのコラボレーション。この後は、家族で屋台でジャガバタ、たこ焼き、焼きそばなどを購入。もちろんビールも。ほろ酔いで夜桜を堪能し電車で帰路に向かう。今度アウトドアセットもって桜の下でバーベキューしよ。しかし、残りの三大夜桜はどこなのだ? 

2014.04.12 / Top↑
祝今シーズン20回目。1シーズンに20回もスキー場に通ったのは10年ぶりか? ただしほとんどは午前の数時間、そのうち2回はリフト数本で泣く泣く帰るはめにだったが...。とにかく今日は休みを頂き、春スキーのメッカ、かぐらスキー場へ!

田代ステーション

早割券(一日券2枚分)を購入済。今回は田代ステーションからアプローチ。家から約2時間で到着。8:15の始発ロープウェイでまだまだ白銀の世界のスキー場に向かう。ロープウェイは10人程度。空いている。

田代ステーション

まずはテレマークを装着。ただし今日はコブがメインとなるため、アルペンも持参。駐車場に戻るだけで1時間以上はかかる。この時間はもったいない。今日もお湯とカップラーメンも準備済。

田代ステーション

途中でアルペンセットを降ろし、いざかぐらエリアに。天気予報通りさすがに冷え込んでいる。前日に雨が降って冷え込んだせいなのかコース全体がアイスバーン。まぁ気温は低いが天気も良いので溶けてくるでしょう。(と思っていたが、結局4月中旬なのに一日中アイスバーン状態...)

田代ステーション

出発して2時間後、やっとかぐらメインコースに到着。眼下には岩原スキー場も。去年5月に来た時はさらに上のエキスパートコースがcloseしていたが、今日はopenしていたため、さらに上部を目指す。神楽ケ峰もきれい。しかし寒い...。

田代ステーション

最上部もガリガリハードバーンに握りこぶし大の雪氷の塊だらけ、これといって面白くなかったのでメインゲレンデでかっとぶ。さすがに今日は空いている。スキーヤー80%、ボーダ20%くらい。うちテレマーカ自分1名。
ゲレンデは今日はSL、GSL大会と勘違いするほど競技志向の方だらけ。自分の板はブラックダイヤモンド グールー。
メーカ曰く、「朝夕のハードな斜面に特に効果を発揮します」とあるが、さすがに今日は硬く、アルペンのようにはいかない。ずらしを多めにしてスピードコントロール。昼にはやわらかくなるだろう。(と思っていたのに、結局4月中旬なのに一日中アイスバーン状態...(繰り返し))

田代ステーション

なかなか雪が溶けないが、こちらの太腿の乳酸が満タンになる前に、去年のリベンジ! コブ斜面のジャイアントコースに突入!! しかし、一部を除きコブは浅く、ハードバーン+おにぎりくらいの雪氷の塊がごろごろしていて、滑りにくい...。まぁ昼飯食べに田代から帰ってきたら少しはやわらかくなっているでしょうと期待し、カップラーメン食べに田代エリアに戻る。(と思っていたのに、なぜか4月中旬なのに一日中アイスバーン状態...(リピート))

結局、昼飯を食べて14:00再チャレンジ。しかし雪質はほとんど改善せず...。仕方がないので15:00ちょっと前までジャイアントコースを繰り返し滑り込む。右・左と足にかかる荷重を意識しながらコブの練習を始める。でも硬過ぎて滑りにくい...。

田代ステーション

せっかく来たので残り時間は田代エリアを楽しむため移動。西日が山を照らしているが、山がキラキラ光っている。15:00なのにまだ凍っている...。おかしい...。

田代ステーション

かぐらスキー場で最も斜度がきつい、チャレンジバーンに到着。谷川岳(たぶん)がきれいなので滑る前に写真。
ここは南斜面だから少しは溶けているはず。(と思っていたのに、やっぱり一日中アイスバーン状態...(終了))

田代ステーション

チャレンジバーンに近付いてもハードバーン+雪氷×雪氷...。結局一日中、カ、カカカ・・・カと音を立てながら滑る羽目に...。さすがに朝から滑り続けているので踏ん張りが利かない。ほとんどアルペン滑りで、強引に体をひねって曲がっている。ゲレンデはカチカチだが滑りはグダグダ。

田代ステーション

15:30に田代ロープウェーイ山頂駅に到着。16:00まで近くの短いコーでの滑りを繰り返す。こちら雪質は完全なザラメ状。西日がより美しく山を際立たせている。

田代ステーション

朝にはなかった鯉のぼりが山頂駅にセット。今日は風も強くてリフトも途中から徐行運転だったので、よく泳いでいた。

田代ステーション

16:00のロープウェイも到着したので最後に景色を一枚。次回のかぐらはおそらくG.W.後。このためみつまたエリアが拠点となるため、田代エリアからの眺めは見納め。

田代ステーション

今日は久しぶりに開店から閉店まで昼の30分の休憩以外は滑り続けていた。結局、春スキーのコブ斜面を楽しみにしていたが、アルペンも使用せず。その代り重い雪質では無かったためか、太腿のガソリンも夕方迄なんとか持ち堪えたようだ。シーズン終了近くでフィジカルも上がって来たか? しかしさすがに40半ば。明日の筋肉痛を少しでも和らげるため近くの温泉に向かう。

田代ステーション

今日は宿場の湯に行ってみる。スキー場から500mくらい。苗場~越後湯沢の国道17号線は日帰り温泉が多いが、ここは始めて。特に変わった温泉でもなく、露天風呂は無く、特徴も無く、コメントも無い。それでは気を付けて帰ろう。

しかし4月に入ってから新雪+アイスバーンと2月に逆戻りのようだ。次回こそはコブ。それも適度なコブお願い。
2014.04.11 / Top↑
さて4月に突入。しかしまだまだ滑るため今日も天気予報とにらめっこ。候補はシャルマン火打か赤倉観光、または妙高杉野原に絞る。シャルマンはレースが開催される。杉野原はゴンドラのみ営業とのことから赤倉観光に決定。
今日は王子(定義:ここでは我が新3年生の息子のことを王子と表現する)は家でかみさんと待機。前回みたいな悪夢を繰り返したくない...。

4月なのに道に積雪

前日、山は結構積雪があったもよう。スキー場まで数km。すでに夏タイヤに交換してしまたが、特に問題なし。ちょっとドキドキ。

4月なのに道に積雪

9:00ちょっと前に到着。駐車場は一面、白銀の世界。ベース部でも20cmくらいは積もったもよう。ちなみの今日は4月5日。

4月なのに道に積雪

スキー場のインフォメーションを見てびっくり!! なんとこの期間は前山とチャンピョンはすでにクローズされていたことが判明。コブを滑りたかったのに...。泣く泣く割引券を片手にチケット購入。一日券は2000円。

4月なのに道に積雪

9:00少し過ぎの駐車場。他のスキー場はすでにクローズされてるので、もう少し客が流れてくるかと思ったが、予想よりも空いてる。さすがにウィンタースポーツのシーズンも終了か。

4月なのに道に積雪

本日可能な最上部で写真。上部は深雪が30cmの前山コース。残念ながらクローズ。

4月なのに道に積雪

本日のメインゲレンデ、ホテルBコース。圧雪車もすでに倉庫行きなのか、昨日の積雪のまま。朝一番のリフト2本分は少し深雪を楽しむことができた。しかしすぐに踏み荒らされて、下地も出てきて、滑りにくい...。しかも今日は初級者ボーダが多く、変な風に圧雪されて滑りにくい。はやく気温が上がってやわらかくなるのを待ちながら滑る。

4月なのに道に積雪

10:00くらいには天気も回復。雪もやわらかくなりパワーは使うが滑りやすくなる。そんな中、今日もテレマーカ発見。
前回、赤倉に行った時に見かけたシニアのテレマーカ。話しかけると同じ市内。(以下Iさんと表現) Iさんは以前、赤倉の山荘で働いていたそうで、山スキーの練習で滑りに来たとのこと。Iさんも自分のことに気付いたそうで、「うまいですねぇ」というお褒めの言葉に、少しにんまり...。2本ほど一緒に滑るが、なかなか結構飛ばし屋。60歳は絶対に越えていると思うが、元気だ。写真も撮ったがフレームに収まっていなかったため、掲載できず。

4月なのに道に積雪

最後に写真を撮ってもらい。お別れ。自分も午前中のタイムリミットが近づき、太腿が燃料切れのため帰路に向かう。
おそらく今シーズンの赤倉観光はこれで終了でしょう。さぁ「食堂ミサ」でラーメン食べて帰ろう。
さて早割で購入したかぐらスキー場の一日券2枚をいつ使おうか?
2014.04.05 / Top↑