FC2ブログ
さてお盆に突入。この期間で1回はキャンプに行きたい。しかし天気は不安定。ぎりぎりまで天気予報とにらめっこ...。

光が原高原キャンプ4

しかしお盆最初の2日間は用もあり不可。最後の2日間。降水確率は30-40%。かみさんは次の日から仕事になるため、王子(定義:ここでは夏休み後半に宿題を一気に終わらせる予定の息子のことを王子と表現する。)と男二人キャンプを決行。場所は昨年のお盆と同じく光ケ原高原。途中、ランタンを忘れたことに気づき家まで戻る時間ロスもあり、14時到着。標高約800mから下界を見下ろすが、霧/雲のためまったく景色は見えず...。

光が原高原キャンプ1

設営場所も昨年とまったく同じ。去年よりもさらに人は少なく、今の時点で全2組み。王子もテント設営を手伝う。昨年よりも戦力up。

光が原高原キャンプ2

設営作業は順調で親子バトルも無く、1時間少しで作業終了。一応、雨も想定してテントの上にタープで雨よけ。これが後々絶大な効果を示す。テント設営も終わり他のサイトを見学。

光が原高原キャンプ5

こちらメインサイト。昨年は5組みの団体グループで賑わっていたが今年は「0」。この後、2人連れのキャンパーが登場。

光が原高原キャンプ3

こちら幻想的な霧の中のバンガロー。いくつかバンガローがあるが、1組みのみ利用の様子。後は調理エリアの一番近所に2組み。天気も関係しているが、このキャンプ場、お盆でもとても空いており、ゆっくりできる。

光が原高原キャンプ7

とは言え、この人はゆっくりしている時間は無い。高原の中、夏休み最後の宿題の追い込みをかける。ホトトギスのさえずりと緑の森が集中力を研ぎ澄ますのか、いつもりもHighペースで宿題をこなす。こちらも一緒に読書。周りは霧が立ち込めるが、雨は降っていない。しかし夏でも長袖着用。

光が原高原キャンプ8

さすがに飛ばしすぎたのか王子の集中力バロメータも空っぽ。この後は文明の力「バッテリー」を駆使し、任天堂ゲームでリラックスタイム。こちらも今日の夕飯の準備を開始。夕飯は簡単にバーベキュー+焼きそば+コンソメスープ。シンプルな組み合わせ。

光が原高原キャンプ9

日が暮れると、いよいよ雨が降り出す。スマホで雨雲レーダを検索するが、スマホは「圏外」の表示。小川テント ティエラは一つのテントにリビングと寝室があり、雨でも楽しく過ごせる。2年前に防水処理もし直し、かつ頭上もタープを貼ってあるので、少しくらい強く雨が降っても問題ない。以前のような雨漏りの中、クッキングの恐れも無い。

21:00トランプをしながら就寝。モンスターハンターの分厚い攻略本を枕にするが、中々眠れず、浅い眠りの中朝を迎える。

光が原高原キャンプ15

朝。なんだかんだで7:30頃まで睡眠。今日も光ケ原は霧/雲の中。ミスト状の弱い雨が降っているが、気にならない程度。

光が原高原キャンプ11

昨夜は雨が降っていたので、風呂に入らず、朝シャワーを浴びる。キャンプ場近くのグリーンパル高原荘で使用することができて、200円/人。二人ともシャワーでさっぱりさっぱり。

光が原高原キャンプ13

いつものようにテントグッズの撤収と残りの宿題を終わらせ、もう一つの楽しみの昼飯に向かう。場所は同じエリアの食堂。王子はここの天ぷらにハマり、昨年は初日と二日目の昼食で天ぷらをオーダ。今年ももちろんオーダ。

光が原高原キャンプ14

天気が良ければ日本海を一望しながら流しそうめんと行きたいところだが、見てわかるように全く下界は見えず。少し肌寒いこともあり天ぷらと和風ラーメンを注文。

光が原高原キャンプ16

お腹も満たされ、特に観光もせずに帰路に向かう。下界は天気も良く、蒸し暑い...。山の方を見ると雲がかかっており見るからに天気が悪そう...。さっきまであの中に居たのかと振り返る。

家に着くと、タープにテントに椅子にあれにこれをを日干し。その間は昼寝。夕方、乾いたグッズを片づけてキャンプ終了。今年中にはもう一度行きたいなぁ。

光が原高原キャンプ10
スポンサーサイト



2017.08.14 / Top↑
6月の出張ラッシュ、その後の町内子供会の行事ラッシュ、さらに王子(定義:久しぶりの更新でどういう定義だったのか忘れた...。あっ、我が息子のことを王子と表現するだった。)のサッカー試合ラッシュが続き、フリーの週末は全くなし....。ようやく「お盆」が訪れ、一息。
お盆前半は王子とキャンプに決定。少しゆっくりしたい。

光ケ原高原キャンプ1

場所は川遊び、トレッキングなどなどいろいろ悩んだあげく、光ケ原高原キャンプ場に決定。到着後まずは名物の流しそうめんを絶景のビューポイントでいただく。標高は約1000m。気温は高いが、風は心地よい。

光ケ原高原キャンプ2

まずはベース選び。キャンプ場内には小さなバンガローがあるエリアと2ケ所のキャンプエリア。炊事・トイレに近いエリアは先客が3組みほど。我々は離れた別エリアをセレクト。幸い誰もいないので静かに過ごせそう。まずは愛用の小川テント ティエラを組み立て始める。組み立ては久しぶりだが、日干しはしっかりしているので、カビ臭は無い。

光ケ原高原キャンプ3

いつもテント組立部で間違えるのがこのパーツの位置と向き。過去も何度かこの部分を間違え、うまく組み立てられず王子とバトルを展開。今後間違えないためにも記録記録。表面は草で覆われているが、その下は3-4cm程度の石が敷き詰められているようで、金属ペグでないと無理。

光ケ原高原キャンプ4

1時間ほどの作業で我が家の持つキャンプ設備フルセットを組み立て完了。両方のキャンプエリアも下界を見下ろせる位置ではなく、木とヤブに囲まれている。天気予報でも雨の心配はなさそう。日陰にいればさわやかな風がやってくる。しばし読書と王子は宿題で夕食準備までゆっくり過ごす。

光ケ原高原キャンプ5

我々のベースのキャンプエリア。お盆であるにも関わらず、他の客もいない。夕暮れ時に仙台から来たというソロバイクツーリストが訪れたが静か。最初に確認したエリアはその後、グループが訪れたようで大賑わい(うるさい)。こちらを選択しておいて良かった。(さすがにそのグループも日が暮れてからは静かになったが...。)

光ケ原高原キャンプ6



キャンプ場受付も兼ねるグリーンパル高原荘ではシャワーを浴びることができる。200円/人。シャワールームは4つあり、とても綺麗だった。「冷えている缶ビール。300円」のポスターが至る所に貼ってあり、喉がごくりと鳴るが、緊急時に備え今日はノーアルコール。
日も傾いてきたので夕陽をバックに写真一枚。

光ケ原高原キャンプ8

今回のキャンプの目的の1つは「天体観測」。直前にアマゾンで購入。最大倍率225倍で本格天体観測をとの歌い文句。偶然にも○○○○流星群が今日の夜から朝の朝にかけてピークとのこと。楽しみ楽しみ。

光ケ原高原キャンプ9

夕食はシンプルにバーベキュー。コメは少し水が多くやわらかめ....。後は玉ねぎ切ってとき卵を入れたコンソメスープ。今回はダッチオーブン料理は登場せず。ちょっと面倒。この後、21:00まで月面観測を楽しみ就寝。いやぁ、天体観測がこんなに難しいとは予想もしなかった...。期待していた星空も周りが明るくてそれほど見えず。さて寝よう。

AM 2:30。王子より「トイレ」コール。では一緒に行くかと、テントを出ると異次元の景色がぁああ。満天の星空! 写真すら取ることを忘れ、トイレに行くことすら忘れる景色。月が沈んだことにより、より鮮明に星が見える。流れ星も数分間隔で出現! しばしねっ転がって星観察と行きたいところだが、王子より「眠い」「寒い」「帰る」の指令あり。彼も星空が綺麗なのは理解しているが、眠気が理解を超えた模様....。長袖ジャージでも外は寒い。テントに戻り寝袋に入り、2回目の就寝zzzzz。


光ケ原高原キャンプ10

朝。7:30ころまで熟睡。低血圧気味なので朝はめっぽう弱く、ぼーっとしながら水飲み場に行くと、キャンプ場のゆるキャラがお出迎え。「山ナメクジ」。で、でかい。見つけた王子は「塩!」「塩!」「ソルト!」「Salt!」とエキサイティング。"そーっ(る)と"しておけと王子に言ったかどうかは忘れた。

光ケ原高原キャンプ11


朝の冷え込みでテントとタープに多数の結露。家に帰って乾かすのも面倒だし、時間もあることから乾くまでしばらく過ごし、12:00に帰路に向かう。帰り際にもう一つのサイトをパシリ。連泊の方が数組。

光ケ原高原キャンプ12

キャンプ場帰路途中に「あさま山荘事件」で機動隊が突入する時に使われたあの鉄球を見学。左が実物で、右が映画用。映画のロケがこのあたりで行われたとのこと。王子はTV番組「ほこたて」で登場したものだと思っているようだが...、正直彼は興味なし。二人とも日帰り温泉に急ぐ。

光ケ原高原キャンプ14

車で20分くらいで「やすらぎ荘」に到着。泉質が異なる2種類の温泉が一度に楽しめること。温泉でさっぱり。

光ケ原高原キャンプ15

やすらぎ荘から車で数分で「ランプの宿」に到着。キャンプ場でもらったパンフレットには五右衛門風呂も楽しめるとのこと。せっかくなので写真1枚。個人的にはこちらよりもキャンプの方が良い。

光ケ原高原キャンプ13

さらに山の方に15minほどで、名水「延命清水」。昔湧水にはまった時期があり、自転車の練習の帰りでよく訪れていた。確かこの水でお茶を沸かすとおいしい。米もさらに引き立つ。王子も、いつもの水と違うとのコメントあり。では帰ったら、飲み比べをしてみるか。その前に自由研究をお盆期間で終わらせるぞ!

















2016.08.13 / Top↑
今年も3家族合同で春のバーベキュー大会。GW最終日に開催。会場もスタンバイOK。

2015050919230362f.jpg

炭も確認済み。やはり炭は重要。新潟長炭購入済み。

GWバーベキュー1

炭起こし器にセットし着火。後はほっとけば真っ赤な炭が出来上がる。本当にほっとけばよいだけ。これはとても優れモノなアイテム。後で子供らに「火起こししたかった」「団扇でパタパタしたかった」とクレームがあったが...。

GWバーベキュー8

炭の準備ができたところでみなさんご到着。子供男子らは着いたと同時に3DSのふたを開ける。大人も負けじと1BS(一番搾り)のタブをあける。乾杯!

GWバーベキュー9

今年は料理人が登場。さすが女の子。男子は全くバーベキューに興味なし。ひたすら3DSでモンスターをやっつけ始める。大人はEBS(エビス)をすでにやっつけている...。

GWバーベキュー7

ここでブリかま登場。やはりこれは外せない。バーベキューお気に入りアイテムの一つ。

GWバーベキュー11

ドーンと牛肉。今日はふんぱつ。シンプルに塩コショウのみの味付け。焼けたと同時に子供の襲撃にあい、大人はトライできず...。仕方がないので今度はドライを飲み始める。

GWバーベキュー12

子供たちは腹も満たされたので、近くの公園に。ここからジェントルな大人のバーベキュー。全員40歳Overのため海鮮物がメインとなる。しかし、炭で焼く海鮮物はごくうま。この流れだと次のビールは発泡酒「アサヒ 極旨」か? しかし今日は贅沢Day。発泡酒などは購入していない。そう、今日は春のバーベキュー祭り!

この後はワインに切り替え。記録を取ろうとする気力がマヒし、記憶も薄れてきたので写真無し。レポート終了。




2015.05.06 / Top↑
ここんとこ王子(定義:ここでは最近サッカーでポジションがSBになりつつある息子のことを王子と表現する)のサッカーの試合・練習と出張のまとめと次の出張準備やらで忙しくトライアウトドアどころではない...。

炭マシン1

が今日はほっけの干物が手に入ったため、最近購入した炭おこし器の効果も試してみたいことから火をおこす。
先日アウトドアーショップWESTで購入。UNIFLAMEにしたかったが値段が高く、半額セールのcaptain stagを購入。確か\2,000円以下。下に着火剤を置き、火をつけ、その上に炭を積み上げるだけ。会社の人もお勧めをしていたが正直それほど期待はせず。

炭マシン2

ところが釣りの仕掛けを作っていたらすでに炭も良い感じ。その時間10minくらいか? 完全に期待を裏切られ、効果絶大。
今までのうちわとの格闘は何だったのか?

炭マシンほっけ準備

炭も出来上がり。良い感じ。

炭マシンほっけ出来上がり

後はほっけを置いておくだけ。では乾杯。あれ週間天気予報をみたら明日から雨マークが追加されている...。





2014.07.06 / Top↑
スキーも終わり、引き続き薪ストーブも...。我が家の一足遅い冬は終了。このため家族で薪ストーブ感謝祭を実施!!

ストーブ感謝祭1

今日は肉がメイン。ユニフレームのバーベキューセットを組立炭に火を入れる。

ストーブ感謝祭1

薪ストーブ感謝祭を祝うべくゲストが来場。たまたま遊びに来た王子の友達兄弟。せっかくなのでパーティーにご招待。

ストーブ感謝祭1

最近明らかに飲み過ぎで体重もベストをかなりオーバー。いけないと思いつつ薪ストーブ感謝祭をかみさんとビールで祝う。今日はブリカマは無し。

さて後は薪を棚に積んで、アカシアも中割りして次に備えよう。しかし、先日「木を持っていく」コールがあったが.、去年みたいに1年かかりで玉切りになることだけは勘弁したい...。


2014.05.25 / Top↑