FC2ブログ
さぁ今日は今シーズン最後のスキー。余計な説明はいらない。朝も6:00に飛び起き、出発。

2019最後のスキー1

途中、いたるところで田植え前の軽トラックに遭遇し、走行ペースはいつもよりスロー。少しやきもきはしたが、始発のロープウェイに間に合う。

2019最後のスキー2

満員のスキー客を載せた始発の8:00便で出発。スキー場Closeの4日前。もう少し駐車場は最後のスキーを目指し混雑するかと思っていたが、それほどではない様子。

2019最後のスキー3

2019最後のスキー4

すでにみつまたエリアは雪が無い。このためテレマーク板を担いでスノーマットゲレンデを滑走。正直、滑りにくい...。

2019最後のスキー5

ロープウェイにスノーマット、そしてゴンドラと乗り継ぎメインゲレンデに到着。ここでアルペンからテレマークに履き替え。

2019最後のスキー6

今日の滑走可能コースは上部のメインゲレンデのみ。残念ながらジャイアントコースは雪解けのためClose。まずは人もすくないゲレンデをカッ飛ぶ、と行きたかったがスプレー式WAXの滑りが歩く、全然滑らない...。ノッキングをしながらメインゲレンデを滑る。

2019最後のスキー7

5月も中旬。新緑に囲まれて今シーズン最後のスキーを楽しむ。空も青。快晴。

2019最後のスキー8

11:00過ぎになるとゲレンデも賑わいだす。ゲレンデもひと皮向け、表面の砂も取れたためか、少しは板の滑りが回復。

2019最後のスキー9

12:00も回ると腹も減りだし、ゲレンデから少し歩いて景色の良いところでランチ。今日はパンをほおばり昼休み。エネルギー回復。

昼食後はアルペンにチェンジ。さすがにコースが1本しかないので飽き始める。メンタルは回復せず、体力も急低下。

2019最後のスキー11

今日は最後なので始発から終点までスキー三昧といきたかったが、すでにお腹もいっぱい、足もいっぱいいっぱいなので予定より早く切り上げる。少し雪も名残惜しいが、また冬に。

2019最後のスキー12

トライアウトドアの1つが終了したので、これからは渓流釣り。帰路の途中で清津川と釜川を下見。清津川は濁りも薄いが、水量が多くポイントは限られそう。一方、釜川は水量は落ち着き始めているが濁りが強め。こちらは去年初めて訪れた時のポイント。

2019最後のスキー13

少し下流部にもアクセスできそうなポイントを発見。今度はこちらから攻めてみるか。

この後、家に着くと同時に、スキーセットを洗って片づけ。特に春スキーは融雪防止剤でテレマークのビンディングのカートリッジ内が錆びやすい。ばらして、水で洗って、錆防止をして、はい終了。では半年後。
スポンサーサイト



2019.05.23 / Top↑
TVに新聞にネットでも令和最初の○○が賑わう中、結局自分も令和最初の薪割り・薪積み。そして今日は令和最初の渓流釣りで令和初ゴールで岩魚ゲット。まだ12:00で陽も高い。渓流釣りも早々に終え、次の会場に足を延ばす。

令和最初のスキーはシャルマン1

そう、テレマーク。令和最初のテレマークは再びシャルマン火打スキー場。トランクに渓流釣りセット、助手席にはテレマークセットを予め積んでダブルヘッターを最初から計画。午前の渓流釣りに続き、午後はテレマーク。令和4日目でTriアウトドアの全部のスタンプが貯まる。

令和最初のスキーはシャルマン3

前回の4/28は大会も開かれていたこともあり(珍しく)スキー場は賑わっていたが、今日はいつもと同様。リフト待ちもなく、人も少なめ。ちょうどお昼時間でもあり、ゲレンデで滑る人もまばら。

令和最初のスキーはシャルマン2

この1週間でだいぶ雪解けも進み(なので川は増水している訳で...)、下地の土も透けて見え始めている。12:30でゲレンデもぐしゃぐしゃで小さなコブも目立つが、前回の筋肉痛も癒え、かつスクワットもサボらなかったこともあり、パワーで押し切る。

令和最初のスキーはシャルマン4

と、パワーが通用したのは最初の2時間で後はグダグダ滑りに...。完全に電池切れ。左足を引いてしまう症候群も再発。しかしせっかく来たのでリフト営業終了まで滑り込む。最後に踏ん張り、営業時間3分前に最後のリフトに滑り込みセーフ。

令和最初のスキーはシャルマン5

先週と同じく、いやいつもと同じく焼山付近を写真1枚。16:00を過ぎてはいるが、陽はまだ高く、夕日に照らされた焼山とはいかず。ほんのり火口からは煙も。さぁ最後の1本。

令和最初のスキーはシャルマン6

令和最初のスキーはシャルマン7

と気合は入れたが、さすがにこの重い雪質と急激な雪質の変化によるブレーキがじわじわと足を疲労させバッテリーはエンプティー。テレマーク姿勢をとるものしんどく、完全にパラレルとウェーデルンで最後の1本を降りる。

令和最初のスキーはシャルマン8

スキーセットも早々にまとめて、着替えて帰路に。まだ終わらない。

令和最初のスキーはシャルマン9

帰りはもちろん屋根を開けてシーサイドドライブ。今日も夕日が綺麗だろう。

と途中、ちょっとした渋滞に巻き込まれ、すでに筋肉痛の始まった左足で繰り返しクラッチを踏んではストップの繰り返し...。さすが10連休恐るべし。なんとか日が暮れる前に家に到着。さて片付けよう。
2019.05.04 / Top↑
このところ何かと「平成最後の」のフレーズを耳にするが、自分の平成最後のスキーはもちろん計画済み。
GW初日は雨(山は雪)の悪天候のため家でゆっくり(レポートの準備)。と同時にあるスキー場の1時間毎の天気予報に執着。

ぐだぐだのシャルマン火打1

GW2日目。天気予報通り天気は晴れ。気温も若干の低め。平成最後のスキーはシャルマン火打スキー場。早割りで1日券1500円2枚を購入済み。残り1週間ちょっとでまずは1枚目を使う。9:00到着にも関わらず駐車場は80%ほどがすでに埋まっている。10連休の恩恵か。

ぐだぐだのシャルマン火打3

ぐだぐだのシャルマン火打4

今日はバングドスラローム大会と中学生/高校生のポールレッスンもあり賑わうが、コースは混んでいない。昨日降雪があったので上部はジャバ雪より少し軽い感じ。いつものようにテレマークからスタート。

ぐだぐだのシャルマン火打5

天気は良いが予想よりも薄く雲が広がる。遠くには佐渡島。デジカメを忘れてしまったのでI-Phoneにて写真1枚。最近のI-Phoneも解像度は進化しているが、やはり風景はデジカメには劣る。佐渡島もぼんやり。

ぐだぐだのシャルマン火打6

いつものようにテレマークで午前中を楽しみ、午後からアルペン。今日は8人ほどのテレマーカーを確認。さすがにこの時期までこの雪質での滑りなのでみなうまい。リフトで同乗の一人は同じ県内人。少し話して山頂でバイバイ。こちらもいつもと同じく山頂から写真1枚。少し違うのは空の一部にレインボーカラー。これもI-Phoneではうまく撮影できず。

ぐだぐだのシャルマン火打8

今日はある時間帯で太陽の周りに円状の虹が見られた。しかもダブルのリング。珍しいのかどうかは解らないがスマホ片手に撮影する人も。自分もその1人。

ぐだぐだのシャルマン火打7

14:00を過ぎると足も悲鳴をあげ始め、かつ滑りもぐだぐだに。残り1時間は筋トレとして滑り今日は終了。すでに購入済みのリフト券は後2枚。正直、スキーに飽き始め、モチベーションも今一つ。GWの後半で渓流釣りと苦手なテレマークでの大コブの練習でもするか。
2019.04.28 / Top↑
平地は桜も散り始め、スキーシーズンも残り後1ケ月。今日は平日だが泣きの年休を頂き、スキーシーズンのラストスパート。

かぐらかぐら1

この季節だとスキー場の選択は数か所に限られる。今日はかぐらスキー場。朝6:15に家を出発し、思いのほか移動は順調で7:45にはらくらく駐車場に到着。

かぐらかぐら2

かぐらかぐら3

今日は田代エリアからアプローチ。一応Ogasaka Unityも持ってきてはいるがテレマークメインで過ごす予定。始発のロープウェイに乗りこむ。始発のロープウェイはほぼ100%がスキーヤー。

かぐらかぐら4

かぐらかぐら5

天気予報は晴れマークだが、昨日ほどピーカン天気では無い様子。午後から曇り空が広がる見込み。久しぶりのスキーでもあるのでまずは田代レディースコースの緩斜面で足と頭ならし。朝一番のゲレンデは予想よりもアイスバーン。

かぐらかぐら6

時間と共に少しづつかぐらエリアにシフト。高速リフト沿いのアリエスカコースを滑り時間調整。

かぐらかぐら7

1時間ほど楽しんでかぐらエリアに移動。9:30営業開始の田代第8連絡用リフトが動き出すのを待つ。

かぐらかぐら8 パノラマ

かぐらエリアに到着。まずは一番見晴らしも良く、滑りやすいパノラマコースでカッとぶ。リフト直下のコースなのでスキーヤーの目線もちょっと意識。キレキレカービングのアルペンに混ざり、負けじとテレマークでカッとぶ。

かぐらかぐら10 ジャイアント

パノラマコースもだいぶゲレンデが緩みだしてきたので、今度はジャイアントコースに移動。滑りやすい穏やかなコブ斜面を選び、コブの練習練習。ワックスは塗ってきたが、このあたりでだいぶ滑りが重くなる。と同時に腿も重くなる。このところスクワットをサボていた事を実感。

かぐらかぐら11 山林

5月にラストでかぐら再度訪れることは確実なので、あえてメインゲレンデは避け、他のコースを楽しむ。今度は林間エキスパートコースにGo。

かぐらかぐら12 山林

かぐらかぐら13 山林

かぐらかぐら14 山林

お昼に近づくと、薄い雲に覆われてきたが、景色は綺麗。見上げれば神楽ケ峰。下を見れば田代湖。お昼まで林間コースを繰り返す。

かぐらかぐら15

子供の日も近いので鯉のぼりも出現。残念ながら自分はGW10連休では無いが...。

かぐらかぐら9 コブ

鯉のぼりを過ぎるとこぶこぶのテクニカルバーン。こちらは鮭、いや避ける。鯉、もとい来いと言われても丁寧にご遠慮させていただくコブレベル。これは無理。

かぐらかぐら16

腹も減ったのでかぐらから田代エリアに戻り、ロープウェイで下山。駐車車でカップラーメン。これもいつもと同じ。

かぐらかぐら17 田代ジャイアント

WAXも塗り直し、午後は田代エリアのみ。田代エリアで数少ない急斜面、チャレンジバーンをひたすら滑る。斜度は最も急だがコブは浅く比較的滑りやすい。体力も思ったより持ちが悪く、5本滑って終了。WAXの効き目も薄れ、他の緩斜面は上体がかっくんかっくんブレーキがかかり、さらに足が疲労Max。

かぐらかぐら18

明日は仕事なので今日は閉店までは過ごさず、16:00のロープウェイで下山しスキーは終了。ぱっと着替えてすぐ近くの宿場の湯
で汗を流しストレッチ。残念ながらここは露天風呂は無い。

P4170149.jpg

帰り道の途中で渓流釣りで良く訪れる清津川を下見。さすがに気温の上昇により雪溶けが一気に進み増水かつ少し濁りあり。ここは糸魚川水系と異なり濁りにくいのだが、本格的な釣りは5月中旬以降かなぁ。さて帰ろう。
2019.04.18 / Top↑
今日は代休。つまり平日休み。しかも天気も晴れマーク。今日は前からの計画を実行に移す時。

2回目の八方尾根1

朝6時に起床。前日にスキーセットは車に積み込み済み。ポットにお湯を入れて出発。今日は八方尾根スキー場。これで2回目。ゲレンデ下部は滑走できない部分が多いが、上部の名物コースが待っている。

2回目の八方尾根2

今日は前回と同様に第3駐車場をベースに名木山ゲレンデからアプローチ。8:00リフト開始の時点で50人程度のリフト待ち。

2回目の八方尾根3

晴れてはいるが、ピーカン天気では無く、薄曇り。今日は一気にてっぺんまで向かわず、まずはテレマークで空いているリーゼンスラロームを楽しむ。

2回目の八方尾根4

足慣らし完了後はてっぺんのリーゼングラードコースを目指す。残念ながらこちら側の方が雲が厚い。

2回目の八方尾根5

最高地点に9:00に到着。ゲレンデはアイスバーンで結構寒い。さらに上を目指す人多数。

2回目の八方尾根6

下界は茶色にうっすらと雲海。

2回目の八方尾根7

前回はスカイブルーと雪山のコントラストで感劇ものだったが、今日は水墨画。少しテンションが下がるが、天気回復に期待。

2回目の八方尾根8

黒菱ゲレンデを横目にて確認。オフピステコースは完全なアイスバーンでちょっと新雪が積もった様子。絶対無理なのでスルー。滑っている人もまだいない。クワッドリフト添いでテレマーカ4名発見。一人は完全な競技系。残り3名の1組は全員綺麗な滑り。一人はテレマークというよりもクロカン・革靴。恐るべし。

2回目の八方尾根8

その後は兎平ゲレンデを楽しみ、

2回目の八方尾根7

滑り始めて2時間半もたつと、雪も緩み、足も疲労を感じるため、スカイラインコースに向かう。絶望的に遅くて長いリフトで一休み。

2回目の八方尾根9

その後は、昨年はクローズで滑れなかったパノラマゲレンデを初滑走。天気は回復しないが、気温は上がり、ゲレンデは一気に荒れだす。

2回目の八方尾根10

腹も減り始め、足が疲れ、コンディション的にテレマークで厳しくなってきたため、昼飯とする。その前に再度てっぺんまで戻り、写真1枚。残念ながら今日はずっとこんな感じで青空には会えず。
2回目の八方尾根11

この後、リーゼングラードコース⇒兎平⇒リーゼンスラロームコース⇒名木山のロングコースを滑り駐車場に戻る。昼飯。

2回目の八方尾根12

昼飯も簡単に午後はアルペンにチェンジ。せっかくの1日券購入なのでゴンドラ利用。ただし第3駐車場からゴンドラまでは結構歩く。

前回は1日中テレマークだったので八方尾根では初アルペン。午前と同じように各コースを滑り、スカイラインコース添いのリフトで一休み。板を載せるバーがあればパーフェクト。

2回目の八方尾根14

貧乏性のため、ゴンドラ1本ではもったいないので滑れる場所を選びながらセントラルコースを滑りゴンドラ山麓駅に。そして再び山頂を目指し、15:00まで滑って本日は少し早めに終了。

2回目の八方尾根15

明日は仕事のため、少しセーブ。その代わり、せっかくなの日帰り温泉に立ち寄る。今回は車で7,8分ほどかかる「倉下の湯」に立ち寄る。屋根付きの半露天風呂がメインでお湯は茶褐色。温度も緩め。温泉に浸かりながらストレッチ、ストレッチ。

2回目の八方尾根16

早割りと格安で購入したリフト券も後、4枚。そろそろ川の準備も始めるかということで、帰り道にせっかくなので渓流釣りの下見。こちらは小滝川。17:00近くでも雪解けによる増水・濁りは見られない。この週末はいよいよ渓流釣りか!?
2019.03.27 / Top↑