さて気分良く2匹のイワナを釣り上げ、海川から能生エリアに移動。今度はテレマーク。目指すはシャルマン火打スキー場。

シャルマン火打2017041501

途中、能生川を確認。11:00現在ではこの状態(ちょっと濁り目)だが、16:00頃はコーヒー牛乳状態。この川は雪解け水も多く、かつ増水するとすぐに濁ることもあり、5月下旬までは釣りにならんだろう。

シャルマン火打2017041503

と海川から40minほどのドライブでシャルマン火打スキー場に到着。駐車場はいつになく込み合っていたが、アルペンの大会が開かれていたため。さすがに昼時ということもあり、ゲレンデはご覧の通り、貸し切り状態。

シャルマン火打2017041505

今日は気温も高く、雨が降ったり晴れたりと不安定な天気。当初の予定では足の筋力を考え、テレマーク2時間、アルペン2時間の予定だったが、久しぶりの割りにはテレマークでいけたので、結局12:00-16:00までほぼノンストップでテレマーク。ゲレンデ内でも4-5人のテレマーカーと遭遇。途中、富山から来たというOさんと2本滑るが、足が限界とのことからフェードアウト。こちらも4,5月分の早割りかぐらスキー場のチケットが残っていることから、かぐら遠征のためひたすらフィジカルトレーニング。今日は足をいじめまくって終了。

ダブルヘッター3戦目は充実した内容で終える事ができた。さて我がアルビレックスの連敗はいつ止まるのやら....。イワナも2匹釣ったし、0-2でaway戦を勝たないかなぁ...


4/16(日) vsヴァンフォーレ甲府戦。前半11分:原 輝綺、後半7分:矢野 貴章、0-2でようやくこちらも今シーズン初勝利。






スポンサーサイト
2017.04.15 / Top↑
さてこの時期しか楽しめない、渓流釣り&スキーのダブルヘッターも第3戦。今年はまだヤマメorイワナとご対面無し。
今日こそ連敗脱出をかけて気合を入れ、まずは渓流を目指す。3連敗は絶対阻止。

海川2017041501

まず途中で能生川を確認。予想通り雪溶け水+濁りも多くNG。さらに早川。こちらも同じく釣りは不可。最後の望みの海川。他の2つの川よりは状態良し。まず前半はいつものポイントで試合開始。今日はブドウ虫を選択。今年の2回とこれまでの実績からミミズを先発から外す手堅い采配。今日は負けるわけにはいかない。どこぞのJ1チームと同じ背水の陣。

海川2017041503

丹念に岩の周りを攻めるが、チャンスも無く、緊迫した状況が続く。少し上流に移動し、ポイント攻めるとはっきりと手ごたえあり。引きの状態から明らかにイワナ。焦る気持ちを抑え、久しぶりの感触を楽しみ、ついにゲット。ようやく会えたねイワナちゃん。

海川2017041505

ようやく今年の初得点が生まれ気分もだいぶ楽に。ここで一度川から離れ、後半戦のポイントに移動。今日は実績と経験重視。内容よりも結果、結果。途中明らかに知能を持った生物が作った階段らしきもの発見。これはアクセスが楽。ということは釣り人も多いということか。

海川2017041504

昨年、人生初の尺イワナを釣り上げた場所。実績は十分。流れの緩く、深いところを丹念に探る。するとこれまた懐かしい感触あり。

海川2017041503

すぐに潜ろうとしていることからイワナと予想。1匹目よりも勢いがある。絶対にこのチャンスを逃すべく、慎重に取り込み。25cm程度のイワナGet。少ないチャンスを生かして本日2点目!

海川2017041506

もう少し粘って3点目と行きたかったが、とりあえず結果は出たので、前後半90minの渓流釣りは終了。さぁ気分良くスキーにGo!
2017.04.15 / Top↑
1週間の海外出張。今日は時差ぼけ回復+完全に疲れ休み...。朝、起きたら11:00。もう昼。さすがに釣りに行く元気も出ず....。王子(定義:ここでは任天堂Switchの2日間限定スプラチューン試射会だったのを最終日の19:00に大声とともに思い出した息子のことを王子と表現する)もフリー。

薪運び20170326_5

昼飯食べて、2台の車の内装のみ掃除。少しは体を動かそうと薪小屋、通称アジトに。王子もボール持参で同行。

薪運び20170326_1

今日の目的も薪の移動。これは不在期間にかみさんのお父さんが割ってくれたもの。これにて玉切り分はすべて終了。

薪運び20170326_2

割った薪はこちらの空き棚に移動。後3棚分が空きスペース。いつものように一輪車で薪をピストン輸送。

薪運び20170326_3

特にイベントもなく、7-8回ほど輸送して終了。我がアジトの屋根付き薪24棚中、22棚にて入居完了。後2棚分は近々来るであろうケヤキにて予約済み。後は長さが短くて積みにくい短い薪をブロック塀に敷いた棒で作った仮の薪棚に積めば終了。これさえ終われば、しばらく薪の活動は中断期間に。花見も近い。

薪運び20170326_4



20:00。時報。ポーン。スプラチューン試射会のゴング。王子はゲームにエキサイティング。こちらはアラームをセッティング。いつも出張開け2日目が寝れないんだよなぁ...。はて寝よ....。
2017.03.26 / Top↑
さて今日は平日だが休み。前半のテレマークもそこそこにダブルヘッター後半戦の渓流釣り!

早川2017スタート6

今日は安心と信頼の早川をセレクト。せっかく妙高エリアにスキーに行ったのにわざわざ糸魚川まで移動。正直、関川水系のデータ無し。特にこの時期はアクセスも重要。是が非でもヤマメに会いたいので、3月でも釣果実績のある早川。アクセスも容易。まずは切込橋からスタート。

早川2017スタート1

先週の海川同様にいつもの渓流ポイント沿いは思いのほか雪は無い。これならばかんじき無しでポイントまで楽に行ける。さぁヤマメよ待っていろ!

早川2017スタート3

基本的には数か所ある堰堤付近を攻める予定だったが、大岩の淵でまずは試合開始。餌は今日もミミズ。ちょっと風が強いが、スキーウェーハを着ているので寒くない。がアタリが無く、背筋が寒い...。このポイントはそこそこに次の本命に移動。さぁヤマメちゃん待たせたね!!


早川2017スタート5

切込橋から上流の最初の堰堤に到着。しかし先客が1名、いや1羽。気にせずヤマメ、ヤマメ。しかしこの鴨(だよな)、逃げずにじっと仕掛けの目印に目線集中。もしくは餌のミミズに興味があるのか? 堰堤付近の流れにうまく、巧みに乗り、周遊しながらこちらのヤマメ釣りを見学。べたに「がー君」と命名。と上流から新たな視線あり....。

早川2017スタート4

釣りの最中は新たな鳥だと思っていたが、写真撮影の結果、枝かなぁ。そんなことはさておき、肝心のヤマメは写真は撮れず。焦る...

早川2017スタート2

2つめの堰堤に移動。大本命なポイント。しかし、粘ってもヤマメの姿も、アタリも全く無し。ここで最後の奥義「釣れるまで帰らない!」を発動させようかとしたが、心がぽっきり折れて今日は終了。2試合連続の釣果無し。まずい...。どうもミミズを使って釣れた試しが無い。そうだ餌が悪いんだ!と自分に言い聞かせ、切込橋に戻る。途中、鴨の「がー君」はまだ波乗りに夢中だった....。

2017.03.15 / Top↑
本日平日だが休み。今日は先週の日曜日と同じくスキーと渓流釣りのダブルヘッター。まずはスキーから。

AKAKAN最後2017_7

本日はAKAKAN。早割り半日券5枚つづりの期限が3/20までのため、他に選択する余地なし。最後の1枚を使用。さすがに平日。駐車場の台数も少ない。天気予報では曇りのち雨。

AKAKAN最後2017_2

今日はダブルヘッターなので、テレマーク1本。それもDiamondBlackグールーのみ用意。せっかく今年購入したOGASAKAの出番なし。この雪質ならば明らかにグールーに軍配。

AKAKAN最後2017_6

せっかくなので最上部で写真1枚。天気予報は予想に反し、山は晴れmode。ゲレンデが荒れ始める前に、テレマークを楽しむ。

AKAKAN最後2017_3

木々が白いのも今日で終わりか? これからは緑の中で春スキー。枝に着いた雪が解ける前に綺麗な景色を1枚。

AKAKAN最後2017_4

先週の糸魚川シーサイドバレー同様に、がらがら....。やはりスキー場は空いているに限る。いつものように前山⇒チャンピョンエリアを滑り、ホテル前ゲレンデに移動。ゴンドラ+4人乗リフト6本。結構贅沢なスキー場だなぁと今更ながら感心する。

AKAKAN最後2017_1

10時を過ぎると人は少ないとは言え、ゲレンデは気温の上昇と共に悪化。今日は11:00頃まで滑って、はい終了。
さぁ第二ラウンド。渓流にGo!


2017.03.15 / Top↑
まとめ