FC2ブログ
今日から3連休。天気予報は日替わりで曇りor雨と予報が入れ替わる。予報では土曜日は小雨の様子。この木・金曜日と雨も降らなかったので、雨で濁りやすい糸魚川水系も小雨程度なら大丈夫だろう。時計のアラームを4:00AMにセットし就寝。結局よく眠れず朝がやって来る。

工事中の早川1

先週、糸魚川水系の海川だったので、今日はお隣の早川を選択。いつものように切込橋付近に車を止める。幸いにも釣り人はいなそう。ただし、予報通り細かな雨。

工事中の早川2

今日はいつものよりも下流からスタート。初めてのエリアだがアタリは活発。ただしキッズヤマメ。目印はあっちにこっちに引っ張られるが、結局1匹も釣れず。まぁ釣れても放流だし、針を外すのも可愛そうなので、餌を加えて遊んでくれる程度で十分。魚がいることも確認。
しかし、この後ここで1匹も釣れなかったことが大きく足を引っ張るとは予想もつかず....。

工事中の早川3

さぁ切込橋を通過し、いよいよ本番。しかし橋を通過するとキッズヤマメもぴたりと止む。ようやくこれで大人の時間と思っていたが、何か違和感あり。上流部は途中、川沿いに進めないため藪の中を突っ切る必要があるはずと思っていたが、アクセスが簡単。あれ?こんな川だっけ?と記憶を探るが、明らかに前と違う。あっちこっちに川添いを重機で整備した跡あり。

工事中の早川4

その後、全くアタリ無し。小雨の中、時間だけが無情に過ぎる。反対側にも重機発見。

工事中の早川5

引き続き、アタリが無い時間が続き、遠くにも重機。どうやら河川工事の影響を受け、魚が避難した様子。キャタピラ跡も新しい。これはダメだと引き返すと、橋の近くに河川工事の案内あり。令和8/31まで工事との事。これにて早川は終了。自分のポイントは今期中の復帰は絶望的。

まだ時間は7:30。1匹も釣れずに今日は終了....。

工事中の早川6

しかし、まだオプションがある。自分には安心と信頼の海川がある。車で20分の運転で海川に到着。2週連続。
今日は先週よりもまた少し下流部からスタート。

工事中の早川7

工事中の早川8

さすが、安心と信頼の海川。ここは即ヤメト会える。まずはキッズヤマメを釣りカウンターをとりあえず「1」にするエゲツナイ戦法後、少し流れの速い場所を選び、15-18cm程度のヤマメをターゲット。下流部は型は小さいが数は釣れる。

工事中の早川9

しばらく釣りあがるとデンカの発電所が見え始めると同時に川の少し上に靄がかかり始める。

工事中の早川10

橋を通過し、さぁ本番。これまでよりもポイントのアプローチに集中。先週と同じく、今日も綺麗なヤマメとご対面。

しかし、これより上部は水量も乏しく、アタリも無し。小雨も降り続いており、粟倉橋まで行く元気もなく、途中の堰堤で今日は終了。
早川は今季切望。能生川は去年は全くダメ。海川も飽きてきた。小滝川も濁りは収まったのか?
新しい場所を開拓しなくては。姫川の支流でも行ってみるか。
スポンサーサイト
2019.07.13 / Top↑
昨日は2ケ月ぶりの渓流釣りに温泉。なななんと、梅雨入り期間にも関わらず今日も雨は降らない様子。まだ餌も余っている。これは2Daysで川に行くしかない。



息子を部活に送り、朝はゆっくり9:00スタート。今日は安心と信頼の海川を選択。いつものエリアに駐車していざ川に。しかしながらデンカの発電所より上流は予想以上に水が細い。

ぼくとヤマメ3

下流部はこれまで河川工事をしていたが、工事も落ち着いたようなので、今日はいつもよりも下流よりスタート。初のポイント。

ぼくとヤマメ2

餌をつけて投げる投同時にアタリあり。穏やかな流れは完全にキッズヤマメの遊び場。

ぼくとヤマメ1

キッズはno thank youなので、早々に上流に向かい、段差部分のポイントに。

ぼくとヤマメ4

ここでも釣れるのは、いや餌を引っ張るのはキッズヤマメのみ。針を外すにも命がけ。痛々しいので足早に上流を目指す。

ぼくとヤマメ5

結局、いつものスタート地点までは10cm程度のヤマメにしか会えず。さぁ気を取り直して型の良いヤマメを釣り上げたい。と同時に地面を見ると足跡たくさん。どう見ても人間の足跡。先行者はいなかったようなので昨日の釣り人か? すれていないことを祈り、餌を流す。

ぼくとヤマメ6

この付近からは水量も少なく、ポイントも限られるが、キッズヤマメはいない。まずは綺麗なヤマメと今日もご対面。

ぼくとヤマメ7

その後もハイペースでは無いが飽きない&あきらめない程にヤマメを釣りあげる。今日は持ち帰って塩焼きのプランは無いためすべてリリース。

ぼくとヤマメ8

しかしながら、リリースしてもその場に残るヤマメ。針から逃れるに泳ぎつかれたのか。頭かくして尻尾かくさず。

ぼくとヤマメ9

よっぽど疲れているのか、カメラを近づけても逃げ出さず。逆に少しカメラ目線で笑みすら浮かべる。こちらも少し愛おしくなり始め名前を考え始めるが良い案浮かばず。

ぼくとヤマメ10

これは疲れているんではない、そうハンガーノック状態で腹を空かせて動けないんだ!と悟り、目の前にブドウ虫を置く。しっかり針もついているが....。

ぼくとヤマメ11

つまらないものですが、どうぞと丁重に勧めても、遠慮しているのか、パクリといかず。

ぼくとヤマメ12

半強制的に口元に近づけるが、ノーリアクション。どうやらお口に合わなかったご様子。

その後も、逃げ出す様子もなく、しばし、ぼーっとヤマメを眺めバイバイ。

ぼくとヤマメ13

ぼくとヤマメ0

堰堤エリアに到着。今日は大きくても20cmちょっとサイズなので、釣りに空き始める。日も照りだしてきたので、ここで帰るか、それとも粟倉橋まで続けるかどうか頭の中でバトル開始。

ぼくとヤマメ14

結局、粟倉橋まで行くが勝利を納め、この場所で今度はイワナをゲット。このあたりになるとイワナが混ざる。写真撮影時に強烈なひねりでジャンプして逃げられ写真は撮れず。これより上流は魚影は薄いので、今日はここまで。
2019.07.07 / Top↑
ようやく天候も回復し、2ケ月ぶりの渓流釣りは釜川!しかし予定していた1/3エリアは先行者釣り人がすでにおいしいところを頂いた様子。まだ時間は10:30。

朝から昼まで釜川ついでに清津川1

しかぁし、津南方面の川はまだある。そう、清津川。自分の中では経験値も高い。釜川から車で15minで清津川に到着。
いつものポイントを攻める。

朝から昼まで釜川ついでに清津川2

いつものポイント。川はいつものようにブルーがかかった綺麗な渓流。ただし、アクセスポイントが限られるので、ポイントも限られるのが難点。でまずはイワナ。清津川でイワナは初めて。カメラのシャッターを押すのと同時にイワナも反転ひねりで脱出。ここではイワナ2匹で終了。

朝から昼まで釜川ついでに清津川3

次なるポイントは国道から清津峡トンネルへのアクセスルートの途中。本当は反対側に渡りたかったが流れが強くて無理。竿をめいいっぱい7mまで伸ばして、餌をポイントに。ここではいつものように綺麗なヤマメのお出迎え。

朝から昼まで釜川ついでに清津川4

さらに次のポイント。いつもの最終地点。毎回これより上流は流れが急で危険なので、これより先は行ったことはない。今日もいつもと同じく、遡上不可。ようやく1匹かかるが、途中でばらして、はい終了。以前来た時よりもよりも流れが少し速い。

朝から昼まで釜川ついでに清津川5

ここでは釣れ無かったが、この綺麗なチェレステブルーを見るだけで満足。ただし、清津川も少し飽きてきた。清津トンネルの下流は工事の影響で全く様子が変わったし、今度は中津川でも行ってみるか。

朝から昼まで釜川ついでに清津川6

さすがに汗に、渓流のしぶきによる独特なぬめりのような感覚が気になるので今日は日帰り温泉に立ち寄る。今日は清津峡トンネルの手前にある「清津峡小出温泉 湯処 よーへり」に。今年の11/30に閉店するとの事。その前にせっかくなので立ち寄り。

朝から昼まで釜川ついでに清津川7

貸し切りだったので、浴槽内を写真1枚。浴槽からは渓流の景観は見えないが、さっきまで渓流の中にいたので、全く問題なし。少し硫黄臭とぬるぬるとした感じ。温度も熱くもなく、ぬるくもなく、自分にはちょうどよい。しばらく貸し切り温泉を堪能し、帰路に向かう。
2019.07.06 / Top↑
5月に入ると雪解けで川は増水。6月は仕事が忙しく、気づけは梅雨入り....。

しかぁし、ようやく木金曜日と雨も降らず、かつ週末も雨は降らない予報。仕事も落ち着いたこともあり、これは川に行くしかないっしょ!

朝から昼まで釜川1

日の出4:30などお構いなし。3:30に飛び起き、渓流釣りセットと一緒にいざ津南方面に。信濃川を渡るころにはうっすらと朝焼け。
昨日の夜は21:30には布団の中にもぐりこんだが、すでに脳内はアドレナミンで満たされ、0:30ころZZZZ。

朝から昼まで釜川2

今日は津南方面。釜川をセレクト。昨年の最終戦で少しお試しした川。家を出てから、自分の車の前に一台も他の車を見ることもなく現地に到着。さぁ今日は時間もあるので釜川三昧といきたい。
まずは田代橋の堰堤よりも上流からスタート。さぁ、来い。とはいえ、最初はザラ瀬でメインで、それでも小さなポイントを探るが、いまいち。まだ4:30。さぁヤマメちゃん。夜は明けたぞ。

朝から昼まで釜川35

と少し段差のある、いかにもポイントに到着。

朝から昼まで釜川3

教科書に出てくるようなポイントということもあり、まずはイワナ。ここではこれくらいのサイズの3匹、全てイワナ。

朝から昼まで釜川4

その後しばらく瀬が続き、ウォーキングが続くが、景観も少しづつ渓流ぽっくなる。

朝から昼まで釜川5

ここでもイワナ。アタリはそれほど活発では無いが、やはりこれくらいのサイズで合計2匹。

さらに上流に行くと、さぁいよいよ淵も現れ、雰囲気も最高! と気合もセカンドギアに入るが、流れは急でかつ深い。これ以上はさすがに無理・ヤバいと判断し、再度スタート地点も戻る。結局このエリアは1時間で終了。

朝から昼まで釜川6

しかぁし、今日はこれでは終わらない。ちゃんと下流部のポイントも確認済み。田代橋より2km程下流に移動。下見に来た時に見つけたアクセスルートから再度川に降りる。

朝から昼まで釜川7

またまたTheポイントが登場。

朝から昼まで釜川8

ここではキッズヤマメのお出迎え。少し下流になるとヤマメも混じりだす。

朝から昼まで釜川10

キッズに用は無いので、早々と上流に移動。

朝から昼まで釜川9

最初のポイントよりも流れも少し緩やかになり、ヤマメポイントで流し釣り。小型のヤメメがお出迎え。

朝から昼まで釜川11

ようやく綺麗なヤマメとご対面。今日は食材として持ち帰るつもりは無いので、放流。キッズヤマメを除いて6匹程度の釣果。まだまだゴールの田代橋までは距離もあるし、何といっても今日は時間がある。

朝から昼まで釜川12

と、気合もサードギアにシフトアップするが、またまた川は深く、歩いては行けそうもない....。仕方なのでギアをトップギアに入れ、ブッシュの中を中央突破。自分よりも高い、笹の密集の中、竿を片手にガサガサもがきながら進むが、前が良く見えない。川はどっちだ?

朝から昼まで釜川13

と苦闘の末、再び川に復帰。しばらく、歩くと、大きな堰堤あり。ここでヤマメ1匹を釣ったので早々に引き揚げ、さらに上流を目指す。

朝から昼まで釜川14

堰堤を超えると、周りは少し開け、遠くには道にアクセスできそうなルートも発見。スタートしてから恐らく700-800m程。さぁ残り半分はどんな景観を楽しませてくれるのか。

朝から昼まで釜川15

水中の様子。隣の清津川は青っぽいが、釜川は緑っぽいイメージ。

朝から昼まで釜川16

この後は、再びごろごろとした瀬が続き、ポイントも限られる。狭いエリアを探るが釣果なし。良さそうな良いポイントで狙い通り餌を落としているのに、全く釣れず。

と前を見ると遠くに釣り人発見。どうやら原因はすでに探られてしまった様子。話をすると群馬から来た70歳の方。魚沼方面の川やこの釜川も良く来るとのこと。最初上流を探っていたけど、すでに先行者がいて全く釣れずこっちに降りてきたとの事。その先行者は間違いなく自分。この先の上流もすでに探り、アクセスポイントに戻ってきたとの事。話によれば、これより上流では道にアクセスできない無いことはないが、かなり回り道になるとアドバイス。そうアクセスルートは先ほど見つけたあの道。

朝から昼まで釜川17

まだ10時を少し回ったくらいだが、先ほどまでのトップギアは一気にバックギアに...。新しく見つけたアクセスルートから道に戻る。次回リベンジとするか。

しかしまだ10:30。どうしよう。帰るか? それとも....


2019.07.06 / Top↑
薪ストーブ掃除も終わり、トライアウトドアも選択できるのは渓流釣りのみ。金曜日、土曜日と小雨は降ったが、日曜日は午前中は曇の予報。土曜日の夜までは次の日に渓流釣りに行く気満々。

今は、夏至。そうつまり最も早く朝を迎える時期。朝の4:30には日の出を迎えるため、時計のアラームは3:30にセット。津南方面は雨量が多かったようなので、今回は糸魚川水系。しかし、最も雨に強い小滝川は上流の山間部の崩壊による自然由来の白濁現象やらなんやらでニュースにもなり、しばらくは無理そう。このため海川を選択。

と朝3:30にアラームは鳴り出す。しかし、さすがに布団から出ることは困難を極め、また4:30に海川が白濁、いや濁りが強く、そのまま引き返す最悪の事態が頭を巡り、結局キャンセル。朝8:00に新聞片手にコーヒーを飲む。せめて6:00に起きて川に向かうべきだったと後悔の念。いつもよりもコーヒーが渋い...。

梅雨入り前の整理1

と、そういえば薪小屋で何か作業を忘れている事に気づき、準備をして薪小屋に。案の定、今年割った中割りの桜に雨除けのシートがかかっていない。ところどころ、白濁、いや白っぽいキノコがすでに繁殖。

梅雨入り前の整理2

これはシンプルにシートをかけて終了。

梅雨入り前の整理3

序に、各薪棚の乾燥開始時期を示す札付け。最も古いもので2013年物。さて帰ってコーヒーにミルクを入れて飲もうか。

2019.06.23 / Top↑
まとめ